『るろうに剣心』ビジュアル第3弾は“巻町操”…土屋太鳳、決死のオーディション

最新ニュース

土屋太鳳(巻町操)/『るろうに剣心 京都大火編』-(C) 和月伸宏/集英社
  • 土屋太鳳(巻町操)/『るろうに剣心 京都大火編』-(C) 和月伸宏/集英社
  • 土屋太鳳(巻町操)/『るろうに剣心 京都大火編』-(C) 和月伸宏/集英社
  • 上段左:佐藤健、上段右:緋村剣心、下段左:藤原竜也、下段右:志々雄真実/『るろうに剣心 京都大火編』&『るろうに剣心 伝説の最期編』-(C) 和月伸宏/集英社
  • 『るろうに剣心』新キャスト解禁! -(C) 和月伸宏/集英社 -(C) 秋倉康介
  • 『るろうに剣心』 -(C)和月伸宏/集英社
  • 上段左:伊勢谷友介、上段右:四乃森蒼紫、下段左:神木隆之介、下段右:瀬田宗次郎/『るろうに剣心 京都大火編』&『るろうに剣心 伝説の最期編』-(C) 和月伸宏/集英社
佐藤健・主演で大ヒットを記録した映画『るろうに剣心』の続編として、2014年夏に2部作で連続公開される『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』。第1弾の神木隆之介ver.“瀬田宗次郎”、第2弾の伊勢谷友介ver.“四乃森蒼紫”に続いて、ビジュアル解禁第3弾となったのは、若手女優・土屋太鳳演じる“巻町操(まきまち みさお)”だ。

今回、2部作として描かれるのは原作ファンに最も人気の高い「京都篇」。剣心(佐藤健)の後継者であるにもかかわらず最大の敵となる宿敵・志々雄真実(藤原竜也)の日本制圧の野望を阻止すべく、剣心やヒロイン・薫たちの活躍を描く。

本作で土屋さんが扮するのは、御庭番衆先代御頭(四乃森蒼紫の師匠)の孫娘である巻町操。殺伐とした裏の世界で生きてきた操は男勝りな性格ながら、蒼紫に恋心を寄せる乙女な一面も持つ少女だ。

土屋さんは、これまで『映画 鈴木先生』での女子高生・小川蘇美役を始め、優等生や美少女を演じることが多かっただけに、本作で挑んだ初の本格的なアクションは、女優として新境地と言える役柄となる。

操というキャラクターについて、土屋さんは「ふざけることもすごく好きで、操ちゃんに近い部分が多い」とコメント。初挑戦となるアクションに関しては、「演技をしながらアクションするのが難しかった」と語るが、幼いころから日本舞踊やクラシックバレエを嗜んでいたそうで、その身体能力の高さには大友啓史監督始め、スタッフも舌を巻くシーンが多かったそうだ。

土屋さん自身、「この役を取らなかったら自分がいままで踏ん張ってきた意味がない」と熱い想いを抱えてオーディションに臨んだそうだが、今回公開されたビジュアルでは、その気迫がそのまま乗り移ったかのような鬼気迫る表情を見せている。

原作コミックスでは、飛んで・走って・ボロボロになって…と、剣心たち男性キャラに負けず劣らずのアクションが描かれているが、女優・土屋太鳳が初めて見せるアクションにも注目が集まりそうだ。

『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』は2014年夏、全国にて2部作連続公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top