佐々木蔵之介が180°開脚で跳ぶ!…『超高速!参勤交代』ポスター解禁

最新ニュース

『超高速!参勤交代』-(C) 2014「超高速!参勤交代」製作委員会
  • 『超高速!参勤交代』-(C) 2014「超高速!参勤交代」製作委員会
  • 『超高速!参勤交代』ティザービジュアル - (C)2014「超高速!参勤交代」製作委員会
  • 『超高速!参勤交代』佐々木蔵之介&深田恭子-(C) 2014「超高速!参勤交代」製作委員会
佐々木蔵之介が弱小藩の殿役を務め、深田恭子が女郎役で共演する映画『超高速!参勤交代』。このほど、主演の佐々木さんがアスリートさながらの開脚ジャンプを見せる、疾走感に溢れた(?)ティザービジュアルが解禁となった。

本作は、「のぼうの城」を輩出した脚本賞として注目を集める「城戸賞」において最高得点で“入選”を果たした脚本を、『ゲゲゲの鬼太郎』『鴨川ホルモー』の本木克英監督が映画化。

江戸期、徳川吉宗の治める時代。お上に無理難題を押し付けられたわずか1万5,000石の小藩があった。磐城国の湯長谷藩である。元文元年春、湯長谷藩は、幕府から突然の参勤交代を言い渡された。湯長谷の金山を我が物にしようとする老中・松平信祝の差し金であった。期日は4日。藩主・内藤政醇(佐々木さん)は、時間なし、カネなし、人手なしの中で何としてでも江戸に向かおうとする…。日本版“ミッション・インポッシブル”(!?)ともいえる、奇想天外で痛快な歴史エンターテイメントだ。

今回解禁となったビジュアルは、佐々木さん演じる主人公、湯長谷藩の殿様・内藤政醇が、幕府から“無理難題”を強いられ、慌てふためきながらも“走って、飛んで、跳ねる”姿を表現! 袴姿ながらも、佐々木さんのほぼ180°に開脚可能という柔らかな肢体を生かしたダイナミックな跳躍は、幾度にも渡る撮影でついに実現した奇跡の1枚なのだとか。

佐々木さんのアスリート級の見事なジャンプに、「このミッション、インポッシブルです!」とのコピー、どんな参勤交代になるのか楽しみに続報を待ちたい。

『超高速!参勤交代』は2014年6月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top