山崎賢人の“壁ドン”&ツンデレSキャラ再現にファン胸キュン!

最新ニュース

山崎賢人&主題歌を歌う「Honey L Days」/『L・DK』ライヴ&トークイベント
  • 山崎賢人&主題歌を歌う「Honey L Days」/『L・DK』ライヴ&トークイベント
  • 山崎賢人の“壁ドン”/『L・DK』ライヴ&トークイベント
  • 山崎賢人の“壁ドン”/『L・DK』ライヴ&トークイベント
  • 山崎賢人/『L・DK』ライヴ&トークイベント
  • 山崎賢人/『L・DK』ライヴ&トークイベント
  • 主題歌を歌う「Honey L Days」/『L・DK』ライヴ&トークイベント
  • 主題歌を歌う「Honey L Days」/『L・DK』ライヴ&トークイベント
  • 山崎賢人&主題歌を歌う「Honey L Days」/『L・DK』ライヴ&トークイベント
10代を中心に絶大な人気を誇る漫画を映画化した『L・DK』に出演する山崎賢人と主題歌を歌う「Honey L Days」が出席してのライヴ&トークイベントが12月14日(土)に都内で開催された。

剛力彩芽の初主演映画となる本作。ひょんなことから周囲には秘密の同居生活を送るハメになった女子高生と、高校一のモテモテのツンデレ男子の恋模様を描き出す。ライヴが即完売となるなど人気急上昇中の「Honey L Days」だが、本作の宣伝大使に就任することも決定。この日は主題歌「君色デイズ」と新曲を含む3曲をファンの前で披露した。

主題歌「君色デイズ」について「映画を見て歌詞を書き下ろした」というギター&ボーカルのKYOHEIさん。「2人の恋模様が、やり合っているのに惹かれ合っていくのがいいなと思い、自分の経験を照らし合わせながら書きました」と明かした。

MITSUAKIさんとKYOHEIさんが歌う姿に山崎さんも「すごくよかったです。撮影期間の(剛力さん演じる葵と)同居を思い出しました。アルバムをめくるときに流れてほしい曲です」と感激した面持ちで語った。一方でKYOHEIさんは、劇中の山崎さんを絶賛。「素のままかと思うくらい自然でした。2人の距離感が最初から最後まで絶妙でキュンとしました」と感想を口にした。

剛力さんとの同居という何とも羨ましいシチュエーションが映画の中では繰り広げられるが、もしも本当に剛力さんのような女の子と同居することになったら? と尋ねると山崎さんは「ドキドキして逆に嫌ですよ!」と苦笑い。MITSUAKIさんも「緊張して寝不足になりますよ。トイレにも行けない!」と困り顔だった。

山崎さんは約1年前に高校を卒業したばかりだが、高校の頃はすでに仕事をしていたため、一般的な恋愛や学生ならではのシチュエーションを味わう機会はなかったという。「制服で放課後に手を繋いで帰るとか、普通の事がしたい。通信制でたまに通うという感じだったので、全然楽しめなかったんです」とちょっぴり残念そうにしょっぱい青春をふり返っていた。

この日は、ジャンケンで勝ち抜いたファンに山崎さんが映画で演じた“ツンデレ王子”柊聖になりきって、劇中のSなセリフを囁くという企画も実施。さらに、少女マンガで“壁ドン”と呼ばれる、相手を壁に押しやってどこにも行けないところに追い詰めるという胸キュンなシチュエーションを抽選で選ばれたファンと山崎さんが再現し、「一生オレに奉仕しろ!」「オレのそばにいろ」などS全開のセリフで会場の女性ファンをメロメロにさせていた。

『L・DK』は2014年4月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top