リアム・ギャラガー、必要なくなった洋服をホームレスに寄付

最新ニュース

リアム・ギャラガー
  • リアム・ギャラガー
  • リアム・ギャラガー-(C) Getty Images
  • リアム・ギャラガー
リアム・ギャラガーが昔の服をホームレスに寄付したようだ。リアム率いる「ビーディ・アイ」の元マネージャーである恋人のデビー・グワイサーが、リアムのロンドンにある自宅に洋服があり過ぎると感じたことから、タンスの整理をするようにと促したという。

自身のメンズブランド「プリティ・グリーン」も経営するファッション好きのリアムは、自分で着られないほどたくさんの洋服を持っているそうで、本当に必要としている人たちにあげることに決めたそうだ。ある関係者は「The Sun」紙に「デビーはリアムの高級なプリティ・グリーンのコートやセーターをホームレスの若い男の子たちにあげているんです。それに地元のオックスファムにも洋服を寄付していましたね」。

続けて「リアムはたくさんの物を持っています。昔はよくタンスの整理を自分でしていましたが、『ビーディ・アイ』で忙しすぎるのでデビーが管理しているというわけです」「クリスマスが近づいて寒さも厳しくなってきますので、リアムはデビーに自分の洋服を整理して、必要としている人たちを助けるようお願いしたんですよ」と説明している。

リアムとデビーは、リアムとニコール・アップルトンの結婚生活が終わりを迎えた後、ここ数か月間に渡って同棲している。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top