新興国を開拓!独自手法で海外進出を果たす日本企業に迫る『ガイアの夜明け』スペシャル

最新ニュース


12月17日(火)の『ガイアの夜明け』(テレビ東京系)は、年末特別版! 今後も大きな経済成長が望める、東南アジアやアフリカなどの新興国。そうした成長市場を狙って、世界のさまざまな企業が進出し始めている。もちろん、日本企業もこのところ果敢に進出を試みている。しかし、単に拠点を作り人員を派遣するだけでは、なかなかライバルに勝つことはできない。そこで、これまでにない独自のやり方で新興国市場を開拓し始めた企業がある。そのさまざまな挑戦の最前線を追った。

世界の二輪車市場でトップを走るホンダ。しかし実はアフリカではシェア1%と、中国勢やインド勢に大きく出遅れている。今から本格的な生産工場を作っても完成までには2~3年はかかるという。そこで、スピードを重視し、簡単な設備の“町工場”をケニアに作り、巻き返しに出ようというのだ。アフリカに作る町工場、一体それはどんなものか?

日本の商社の「双日」はインドネシアで、製パンメーカーの「敷島製パン」と組み、インドネシアでパンの開発に挑んでいる。なぜ商社がパンの開発なのか? 実はそこには商社として小麦粉の取扱高を増やそうという狙いがあった。

テレビドガッチでは現在「つくるひと」のコーナーにて『ガイアの夜明け』プロデューサーインタビューを掲載中。ここでしか見られない番組の裏側を語ってくれているので、こちらもあわせてお楽しみください。

■『ガイアの夜明けスペシャル【新興国を切り拓く!独自の手法】』
2013年12月17日(火)22:00~23:24(テレビ東京系)

【案内人】江口洋介
【ナレーター】蟹江敬三


関連リンク

【つくるひと】野口プロデューサーインタビューはこちら>>
《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top