ドウェイン・ジョンソン、2013年最も興行収入を稼いだ俳優に

最新ニュース

ドウェイン・ジョンソン-(C) Getty Images
  • ドウェイン・ジョンソン-(C) Getty Images
  • ドウェイン・ジョンソン-(C) Getty Images
  • ドウェイン・ジョンソン-(C) Getty Images
16日(現地時間)、アメリカの経済誌「フォーブス(Forbes)」電子版が、2013年に最も興行収入を稼いだ俳優はドウェイン・ジョンソンだと発表した。

「ザ・ロック」のリングネームで知られるプロレスラーでもあるドウェインは今年、『ワイルド・スピード EURO MISSION』『G.I.ジョー バック2リベンジ』『オーバードライヴ』、『Pain and Gain』(原題)に出演。それぞれの世界興行収入を合わせた額が13億ドル(約1,334億円)となり、2位のロバート・ダウニーJr.(『アイアンマン3』)の12億ドル(約1,232億円)に大きく差をつけて1位の座についた。

3位は『怪盗グルーのミニオン危機一発』のスティーヴ・カレルがほかの出演作2本の興収も合わせて9億6,400万ドル(約989億円)、ドウェインや故ポール・ウォーカーと『ワイルド・スピード EURO MISSION』で共演したヴィン・ディーゼルが『リディック:ギャラクシー・バトル』と合わせた8億8,700万ドル(約910億円)で続いた。

女優では『ゼロ・グラビティ』で2度目のオスカー主演女優賞の呼び声も高いサンドラ・ブロックが8億6,200万ドル(約885億円)で5位に、ジェニファー・ローレンスが『ハンガー・ゲーム2』7億ドル(約718億円)で10位に登場した。

11月30日(現地時間)の自動車事故で急逝したポール・ウォーカーは『ワイルド・スピード EURO MISSION』7億8,900万ドル(約810億円)で6位にランクインしている。7位は共に『モンスターズ・ユニバーシティ』に声の出演をしたビリー・クリスタルとジョン・グッドマンが7億4,300万ドル(約763億円)で、9位は『ラッシュ プライドと友情』『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のクリス・ヘムズワースが7億100万ドル(約719億円)でランクインした。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top