『スター・ウォーズ』最新作の脚本が来年1月には完成に?

最新ニュース

ストーム・トルーパー-(C) Getty Images
  • ストーム・トルーパー-(C) Getty Images
  • ダース・ベイダー
  • ストーム・トルーパー-(C) Getty Images
『Star Wars: Episode VII』(原題)の脚本が来年1月には執筆完了するようだ。製作元のディズニーが昨年、ジョージ・ルーカスによって設立されたアメリカの映画・テレビ製作会社で同シリーズを製作してきたルーカス・フィルムを買収する以前から、『リトル・ミス・サンシャイン』でお馴染みのマイケル・アーントが初稿の執筆を開始していた。その後、J・J・エイブラムス監督と『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』でアカデミー賞を受賞したローレンス・カスダンの2人が初稿の調整のため、脚本執筆を引き継いでいた。

先週末、「Variety」誌主催イベントで、ディズニー・スタジオのアラン・ホーン会長はさらに、『エピソード7』の予算が少なくとも2億ドル(約200億円)になっていることを明かしている。今回の件について同誌のマーク・グレイザー記者は「ディズニーは来年1月にも『スター・ウォーズ7』の脚本を完成予定です。映画の正式な予算は明かされていませんが、スタジオ側は2億ドル(約200億円)は下らないと見込んでいます」とツイートしている。

最終稿の完成まで『エピソード7』の正式なキャスティングは発表されない模様だが、マーク・ハミルを始め、キャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードなど何人かのオリジナルのキャスト陣の復帰がうわさされている。

そんな 『Star Wars: Episode VII』は2015年12月18日(現地時間)公開予定だ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top