ブラッド・ピット、最新作でトム・クルーズと共演説が浮上!

最新ニュース

ブラッド・ピット&トム・クルーズ -(C) Getty Images
  • ブラッド・ピット&トム・クルーズ -(C) Getty Images
  • ブラッド・ピット -(C) Getty Images
  • トム・クルーズ -(C) Getty Images
  • ブラッド・ピット -(C) Getty Images
ブラッド・ピットが最新作『Go Like Hell』(原題)でトム・クルーズと共演する可能性が浮上している。

20世紀フォックス社が手がけるこの新作レーシング映画は、トムの主演作『オブリビオン』でも監督を務めたジョセフ・コシンスキーがメガホンを取ることになっており、現在候補に挙がっているというブラッドが出演することになれば、『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』以来となるトムの共演が実現することになる。

「ザ・ハリウッド・レポーター」によれば、ブラッドはマイケル・マンが監督の座に就いていた2009年に同作への出演が決定していたようで、その後も同作への興味を失っていなかったという。

本作では、A・J・ベイムの「フォードVSフェラーリ 伝説のル・マン/黄金の'60年代 - 自動車王たちの覇権争奪」を原作に、ライバル会社であるアメリカの自動車会社フォード・モーターとイタリアのフェラーリが1966年のル・マン24時間レースで激しい火花を散らせた姿を描かれる。ジェズ&ジョン・ヘンリー・バターワースが脚本を執筆する同作で、トムはレーシングカー・デザイナーのキャロル・シェルビーの未来の姿を演じる予定だ。

そんな本作への出演の行方が気になるブラッドだが、現在は自身が主演兼プロデュースを務めたヒット作『ワールド・ウォーZ』の続編製作に取り掛かっているところで、数々のアワードで有力視されている『それでも夜は明ける』にも脇役ながらも出演している。

一方のトムは、間もなく『Mission : Impossible 5』(原題)の撮影を開始するところで、アクションスリラーのヒット作『アウトロー』の続編にも取り掛かっているところだ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top