【予告編】ショーン・ペンが誘う、新しい人生への挑戦…映画『LIFE!』

最新ニュース

ベン・スティラー&ショーン・ペン/『LIFE!』 -(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • ベン・スティラー&ショーン・ペン/『LIFE!』 -(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • 『LIFE!』 -(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
  • 世界に先駆け日本初公開『LIFE!』劇場用ポスター -(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
かつてスティーヴン・スピルバーグも映画化を熱望した話題のヒューマン・ドラマ『LIFE!』の、約2分間の最新予告編映像が解禁。深い“共感”と驚きの“感動”が詰まったこの物語で、監督・脚本・主演を務めたベン・スティラーと共に、ワイルドなカメラマン役を演じたショーン・ペンの姿もお披露目された。

雑誌「LIFE」の写真管理部に勤務するウォルター(ベン・スティラー)の毎日は、平凡で単調な日々の繰り返し。彼の唯一の特技は、色あせた現実から逃避して突飛な空想に逃げ込むこと。ある日、表紙を飾る大切な写真のネガがないことに気づいた彼は、一大決心! 冒険家でもある有名カメラマン(ショーン・ペン)を探す旅に出発する。

目の前の仕事や家族の事情などの現実に押し流され、いつの間にか夢を追いかけることを諦めてしまったウォルターは、誰もが「これって自分のことかも?」と思い当たるようなキャラクター。公開された最新映像では、そんなウォルターが暗いオフィスを飛び出して未知なる世界へ旅立つ様子が描かれている。

極寒の海に飛び込み、荒々しい大地を駆け、過酷な山を越え、新しい人生に身を投じていくウォルター。空想を上回る驚きと刺激に満ちた現実を受け入れ、自分自身の可能性を再発見していく彼の姿は、人生で起こる出来事はどんなフィクションよりもドラマティックで素晴らしいことを問いかけている。

本作で製作・監督・主演の一人三役をこなしたベン自身も、「ウォルターの心境に共感できた。彼に似た経験は誰にでもあると思う。ウォルターの旅は、普通の人が持っている可能性を祝福するものなんだ」と、彼への共感を明かす。

カメラマンに誘われ、自分自身の可能性を再発見したウォルターが、映像中でつぶやく「なりたいものや やりたいこと…たくさんあったんだ」というセリフはまさに本作を象徴するような言葉だ。

“いまを生きるすべての人へ”贈る本作のメッセージ。2013年の終わりに、この予告編が自分の人生をふり返るきっかけをくれるかもしれない。



『LIFE!』は2014年3月19日(水) よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top