ジャスティン・ビーバーをトロント市長が擁護…「まだ19歳」

最新ニュース

ジャスティン・ビーバー -(C) Getty Images
  • ジャスティン・ビーバー -(C) Getty Images
  • “塀”の中のジャスティン・ビーバー -(C) Getty Images
  • ジャスティン・ビーバー -(C) Getty Images
  • ジャスティン・ビーバー -(C) Getty Images
カナダ、トロントのロブ・フォード市長がジャスティン・ビーバーを擁護している。

昨年にコカイン吸引した過去を認め、物議を醸したこともあるフォード市長は、同市でリムジンの運転手に危害を与えた事件で1月29日(水)に有罪判決となったジャスティンについてカナダのラジオ番組で言及した。

「そもそもジャスティンは若者じゃないですか。私も19歳の頃にジャスティンほど成功していたかったと思いますよ。何と言ってもまだ19歳なんですよ。自分たちが19歳だった頃を思い出してごらんなさい」とジャスティンを擁護するコメント。

警察は、ジャスティンが昨年12月30日早朝にリムジンに乗っていた6人のうちの1人だとしており、ホテルに向かう途中でメンバーの1人が運転手を何度も後ろから殴って走り去ったとして事件を追っていたが、ジャスティンの弁護士は、ジャスティンの無実を主張している。来月の3月14日に罪状認否が開かれる予定だが、ジャスティンの出席は求められていない。

ある関係者は現在、マイアミとロサンゼルスで有罪容疑をかけられているジャスティンは少しの期間ゆっくり過ごして、将来のキャリアに向けて充電するつもりだと「E!ニュース」に語った。「ジャスティンは家族と一緒にいることができて喜んでいます。これからしばらく家族と一緒に過ごす予定で、これ以上問題を起こさないように心掛けるようです。ここ数週間の体験から学んで、いまは前に進むべきときだと考え、仕事と家族にフォーカスするようです」。

現在、ジャスティンは自宅のあるオンタリオに戻っており、父親・ジェレミーがジャスティンと義理の弟・ジャクソンと一緒に寝ている姿を撮った写真を投稿し、「安全な環境。家が一番だよね」とキャプションを添えている。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top