アカデミー歌曲賞、ノミネートの取り消しを発表

最新ニュース

アカデミー賞ノミネート作品発表-(C) Getty Images
  • アカデミー賞ノミネート作品発表-(C) Getty Images
  • アカデミー賞ノミネート作品発表-(C) Getty Images
アカデミー歌曲賞にノミネートされた『Alone Yet Not Alone』(原題)がノミネートから取り消しという事態になっている。昨年9月公開のレイ・ベングストン監督作『Alone Yet Not Alone』の同名の主題歌がノミネートから取り消しとなった。米映画芸術科学アカデミー(AMPAS)は、AMPASの元理事で現在は委員を務めており、同主題歌を作曲したブルース・ブロートンが、選考委員らにメールで「個人的に投票を呼びかけた」としてノミネートの取り消しを発表した。 

AMPASのシェリル・ブーン・アイザックス会長は声明で、「今回のメールが悪意を伴っていないとしても、元理事で現委員という地位を利用して、自身のノミネートへの投票を呼びかけたことは公正さに欠けます」と述べた。

1985年に『シルバラード』でもアカデミー歌曲賞にノミネートされたことのあるブルースは、今回の取り消しの決定を受けて非常に「落ち込んでいる」ようだ。ブルースは「私が良かれと思って始めたささいなキャンペーン活動で、この曲にかなりの注目が集まってしまい、今回の事態を招く結果となりました」「私のせいで、何ヶ月にも渡って行ってきた宣伝や広告活動がノミネートの取り消しで水の泡です。私としては、ただこの曲を聴いて、投票を考えて欲しいとお願いしただけなのですが」と胸の内を語った。

今回アカデミー賞歌曲賞に同曲の代わりのノミネートは追加されず、残りの『怪盗グルーのミニオン危機一発』の「ハッピー」、『her/世界でひとつの彼女』の「ザ・ムーン・ソング」『マンデラ 自由への長い道』の「オーディナリー・ラヴ」、 『アナと雪の女王』の 「Let It Go ~ありのままで~」の4曲から受賞曲が選ばれることになる。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top