板尾創路とほんこんが6年ぶり漫才を披露!檀れいと対決!?ドラマ『福家警部補の挨拶』

最新ニュース


130Rの板尾創路とほんこんが、フジテレビで2月11日(火)21時より放送する檀れい主演のドラマ『福家警部補の挨拶』第5話に漫才コンビ役で出演することが決定。このほど6年ぶりに漫才の収録を行った。

今回、130Rの二人が演じるのは、漫才師コンビ「京阪のぼり・くだり」。京阪のぼりこと立石浩二を板尾創路が、京阪くだりこと内海珠雄をほんこんが演じる。劇中では、板尾は相棒のほんこんをあやめてしまう殺人者の役で、檀れい演じる福家警部補と対決する姿が描かれる。

収録では、漫才師として全盛期を極めた時代と、最近の客席もまばらな状態での漫才披露シーンの両方を浅草・木馬亭のステージで披露。今回の出演依頼を最初に耳にしたときは板尾もほんこんもお笑いの人間がお笑いの役というのはキツいのではと難色を示したそうだが、「若かったらやらないと思うけれど今なら、ちょっと面白いかな」(ほんこん)と思い、若手芸人からも二人のドラマ出演について興味を持たれたということで出演に踏みきったという。また、130Rではボケは板尾創路、ツッコミはほんこんだが、ドラマ上では逆の立場で、ドラマ用に作成された漫才台本をもとにした収録とって板尾は「立ち位置も違うしあくまでもお芝居で、ネタをやったという感じはしません」と語りながらも、「“ちょっとでもウケるんやったらそのようにやりたい”という芸人としての欲、“さが”が出てきてしまった」と言い、ほんこんも「“(台本よりも)広げてもっとネタやった方がええんか?!”て思ってしまう」と芸人としての本音を語った。

京阪のぼり・くだりは、かつては名コンビとして大人気を博したものの、ここ最近は内海が酔っているかのような状態で舞台に上がるなどして、人気は今ひとつ。事務所社長(笑福亭鶴光)も立石に独り立ちすることをすすめていた。立石は社長の前では内海をかばって首を縦に振らないという素振りを見せてはいたが、実は二人だけになると内海にコンビ解散を懇願。しかし、内海は解散を受け入れないという関係が続いていた。そんな中、ついに立石は内海を転落事故に見せかけ殺害してしまう。事故として処理されようとするところ福家だけは疑問を抱き、過去の二人の漫才を全て映像でチェックするなど彼女ならではの粘り強い捜査で真実へと迫っていく。

これからの収録で相方板尾に殺害されることになるほんこんは「気はええことではないけれど、見事突き落とされるわ!」と宣言。板尾も「相方を殺すなんてことはまずないのでお互い楽しんでやりたい」と殺害シーンへの意気込みを語った。また、香港は「芸人の“さが”のような、誰しもこうなる、というところが描かれていて台本面白いなと思いました」と語り、板尾も「芸人が芸人の役をやってるというところも見どころだと思います。二人ががっつりやっているところはすごく好きな人にしたらとても楽しんでいただけると思います」と、みどころをアピールした。

■『福家警部補の挨拶』
2014年2月11日(火)21:00~21:54(フジテレビ系)


《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top