ボルダリングやスイス相撲も! 日本・スイス国交樹立150周年イベント開催

最新ニュース

日本・スイス国交樹立150周年イベントが六本木ヒルズアリーナにて2月6日(木)~9日(日)の4日間開催となる。
  • 日本・スイス国交樹立150周年イベントが六本木ヒルズアリーナにて2月6日(木)~9日(日)の4日間開催となる。
  • 日本・スイス国交樹立150周年の公式開会イベント”AWISSDAYS(スイス・デイズ)”では、スイスの伝統楽器アルプホルンで、ファンク、ポップ、ジャズなどを自在に奏でるエリアナ・ブルキも登場予定。
今年で日本とスイスは国交樹立150周年を迎えた。在日スイス大使館は、2月6日(木)~9日(日)の4日間、六本木ヒルズアリーナにて、日本・スイス国交樹立150周年の公式開会イベント“SWISSDAYS(スイス・デイズ)”を実施する。

スイス・デイズでは、国内外からのアーティストのライブ演奏や、本格的なスイス料理やドリンク、そしてスイスの文化を体験することができる参加型アクティビティを展開する。

ステージには、トゥーン湖畔のインターラーケンから、ヨーロッパ最高地点にある鉄道駅ユングフラウヨッホ、壮大なアルプス山脈といったスイスの大自然のパノラマを巨大スクリーンにダイナミックに映し出す3Dプロジェクションマッピングが上映される。またスイスの伝統的スポーツである“シュヴィンゲン”というスイス版の相撲のデモンストレーションと、希望者を募集してチャンピオンとのチャレンジも開催される。

また、アルプス絶壁を思わせる小さな岩山「モンベルボルダー」を思わせる岩山で、子どもから大人まで楽しめるクライミング「ボルダリング」ができたり、スイスの自然をモチーフにしたフォトブースなどが無料で体験できる。

また、スイス・アイガー北壁の登攀を遂げ、それが原点となってモンベルを創業した辰野勇氏や、3.11をきっかけに日本列島を自分の足で縦断したスイス出身のトーマス・コーラ氏が登壇してのトークショーも実施される。

森と湖の国、スイスの意外な一面を知ることのできるこの参加型イベント。ぜひ週末のお出かけがてら、六本木ヒルズの会場に足を伸ばしてみたい。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top