目指せマンマの味…!母親のレシピを覚えたいピザ屋経営の男性がイタリアに里帰り『ホムカミ』

最新ニュース


日本で頑張る外国人たちの里帰り(ホームカミング)に同行し、故郷の良いところをアピールしてもらう、お国自慢バラエティ『ホムカミ~ニッポン大好き外国人 世界の村に里帰り~』は、MBS・TBS系で毎週日曜22時より放送中。2月9日(日)22時10分からの放送では、名古屋でピザレストランを営むイタリア人男性の里帰りに、自称“ピザ大好き芸人”の古坂大魔王が同行する。

今回の“ホムカミさん”は、24年前に来日し、現在名古屋でピザレストランを営むジャン・ピエーロさん(53歳)。イタリア中部の山岳地にあるカステル・デル・モンテ村出身であるピエーロさんのピザレストランは、メニューが33種類のピザのみという至極シンプルなお店だ。自家製の天然酵母で作るこだわり生地のピザは、多くの人々を魅了し、お店はいつも繁盛している。

今回のピエーロさんの里帰りには、ある目的があった。それは、幼い頃から母・ディリアさん(79歳)が作ってくれた、村の名産・ペコリーノチーズを使ったパイ「カルチョーネ」を、お店の新メニューに取り入れることだ。今回、「カルチョーネ」の作り方を教わって帰りたいのだが、ディリアさんは、かつては子どもが料理を手伝うことを許さないほど、自分の料理に対しては完璧主義だったそう。果たして、ピエーロさんは秘伝のレシピを伝授してもらえるのだろうか?

また、新企画「帰りたくても帰れない…あなたの代わりに里帰り」では、故郷ネパールを離れ、日本で一人高校生活を送るサリタさん(19歳)が登場する。サリタさんは、「周りに心配をかけまい」という思いから、ホームシックでも寂しい気持ちを一切見せない頑張り屋さん。その様子を見守ってきた、彼女の日本のホームステイ先・元(はじめ)さんの家族は、番組に彼女の“代行里帰り”を依頼。早速ネパールに足を運んだ取材班は、ネパールの家族から「娘に渡してほしい」と贈り物を託される。今回のことを知らされていなかったサリタさんにとって、その贈り物は思いもよらないほど嬉しいものだった。果たしてその中身とは……?

■『ホムカミ~ニッポン大好き外国人 世界の村に里帰り~』
2014年2月9日(日)22:10~23:04

【司会】さまぁ~ず
【進行】SHELLY
【ゲスト】ボビー・オロゴン、山瀬まみ、マギー
【親善大使】古坂大魔王


関連リンク

上野大介プロデューサーへのインタビュー動画はこちら!
《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top