「KinKi Kids」、ハリウッド進出に乗り気! ロン・ハワード監督からまさかのオファー?

最新ニュース

左からマーク・ハント(吹替え:堂本光一)&ニキ・ラウダ(吹替え:堂本剛)/『ラッシュ プライドと友情』-(C) 2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALLRIGHTS RESERVED.
  • 左からマーク・ハント(吹替え:堂本光一)&ニキ・ラウダ(吹替え:堂本剛)/『ラッシュ プライドと友情』-(C) 2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALLRIGHTS RESERVED.
  • 1月28日に行われた『ラッシュ/プライドと友情』来日記者会見/クリス・ヘムズワース(中央)&ダニエル・ブリュール(左)&ロン・ハワード監督(右)
  • マーク・ハント(吹替え:堂本光一)/『ラッシュ プライドと友情』-(C) 2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALLRIGHTS RESERVED.
  • ニキ・ラウダ(吹替え:堂本剛)/『ラッシュ プライドと友情』-(C) 2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALLRIGHTS RESERVED.
  • 左からマーク・ハント(吹替え:堂本光一)&ニキ・ラウダ(吹替え:堂本剛)/『ラッシュ プライドと友情』-(C) 2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALLRIGHTS RESERVED.
  • マーク・ハント(吹替え:堂本光一)/『ラッシュ プライドと友情』-(C) 2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALLRIGHTS RESERVED.
映画『ラッシュ/プライドと友情』の日本語吹替え版で、初めて洋画の吹替えに挑戦した「KinKi Kids」の堂本光一と堂本剛が2月7日(金)、映画の公開に合わせて舞台挨拶を行なった。

1976年の伝説的なF1のチャンピオン争いを映画化。光一さんはクリス・ヘムズワースが演じた自由奔放な天才ドライバーのジェームス・ハント、剛さんはダニエル・ブリュール扮する、冷静な技術で“走るコンピュータ”と言われたニキ・ラウダの吹替えを担当した。

元々、F1の大ファンだという光一さんは、本作で描かれる男たちの熱い戦いに心打たれたよう。この日の客席には多くの女性ファンが詰めかけたが、「女性が観ても、男の世界っていいなと思ってもらえる作品だと思う」と語る。

剛さんは、初のアフレコということで驚きの連続だったという。特に、収録はスタジオでたった一人で行われるものだと知らなかったそうで、自身の役柄ではなく、光一さんが吹替えを行なったハントがかなりのプレイボーイで、多くのセックスシーンが登場することに触れ、「(光一さんは)一人で『アンアン』言ってたってことですよね(笑)?」と語り笑いを誘う。その後も“エア・アンアン”なる自ら発明した言葉を連発し、光一さんを苦笑させていた。

ハントとラウダ、それぞれに共感した部分については、光一さんは「(ハントは)ただのプレイボーイではなく、大胆さと繊細さの両方を兼ね備えていた。僕も実は、あまり人前に立つのは…」と意外な性格を明かす。

剛さんは、ニキが幸せを手にすることを怖れる姿に触れ「モノを作っている人間として同じことを感じることはある。幸せすぎるとモノを作る意欲が湧かなくなるところがあり、孤独を感じる方が闘志や勇気が湧いてくる」と共感を口にしていた。

この日は、先日来日したロン・ハワード監督からのビデオメッセージも上映され、監督は2人が歌う日本語版用のイメージソング「Glorious Days ~ただ道を探している」を絶賛。

さらに、監督は「2人を演出する機会があるかも」と語り、これには会場の女性ファンも大興奮だった。剛さんは、楽曲にちなんで「道を探している映画とかいいですね(笑)、サムライで!」と語り、会場は再び笑いに包まれる。光一さんは「熱い男の映画を撮らせたら本当に素晴らしい監督ですから、ぜひお願いしたいです!」とハリウッド進出に意欲を覗かせていた。

『ラッシュ/プライドと友情』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top