満島ひかり、石井克人組の“ユル~い”魅力を熱弁!

最新ニュース

満島ひかり&子どもたち&森下能幸&森岡龍&石井克人(監督)&芳岡篤史(監督)&川口花乃子(監督)/『ハロー!純一』初日舞台挨拶
  • 満島ひかり&子どもたち&森下能幸&森岡龍&石井克人(監督)&芳岡篤史(監督)&川口花乃子(監督)/『ハロー!純一』初日舞台挨拶
  • 満島ひかり/『ハロー!純一』初日舞台挨拶
  • 石井克人(監督)/『ハロー!純一』初日舞台挨拶
  • 加部亜門/『ハロー!純一』初日舞台挨拶
  • 満島ひかり/『ハロー!純一』初日舞台挨拶
  • 森下能幸/『ハロー!純一』初日舞台挨拶
  • 満島ひかり/『ハロー!純一』初日舞台挨拶
石井克人監督の自主製作による最新作『ハロー!純一』が2月15日(土)に公開を迎え、主演の子どもたちに満島ひかり、森下能幸、森岡龍、石井監督の共同監督の芳岡篤史、川口花乃子監督が都内劇場で行われた舞台挨拶に登壇した。

いつも弱気な純一を始めとする仲良し6人組、巻き髪にミニスカ、ピンヒールの型破りな教育実習生のアンナ先生らを中心に個性的な面々の学校生活を描き出す。石井監督の希望で“小学生以下無料”という興行スタイルをとっていることでも話題を呼んでいる。

昨日からの雪の影響が残る中、朝の上映から多くの観客が劇場に足を運んだ。純一役の加部亜門くんは「2年前に映画を作って、面白い映画なのに何で(劇場で)やらないのかな? と思ってたので、やっと今日、公開になって嬉しい」と笑顔で語る。

全てが型破りなアンナ先生(満島さん)から誘惑(?)されるシーンまであったが、満島さんとの共演について尋ねられると「いや、もう目の前で見るとキレイすぎて、直視できずにドキドキしました」と照れくさそうに語り、満島さんから「何言ってるんだよ(笑)。言わされてるね!」とツッコまれていた。

その満島さんは「スタッフも楽しんで作った映画。子どもたちは元気で、廊下を走り回ってました(笑)」と述懐。さらに「石井さんの現場に行くと力が抜ける(笑)」「ヘラヘラなゆるい気持ちで観ていただければ」「観ると、ヒマな人生送りたいなと思える映画」などなど、“脱力”と“ユルさ”こそが本作の神髄であるとアピールしていた。

石井監督は、小学生以下無料というこれまでにない興行スタイルについて「元々、僕は(TVドラマ版の『がんばれベアーズ』に触発されて、お芝居って素敵だなと思ったんです。最初は自主連続ドラマを考えていたんですが、いろいろあって映画になったけど、タダで子どもたちに観てもらいたいという気持ちはずっとあった。実現できて嬉しいです」と嬉しそうに語る。

芳岡監督は「感無量です!」、川口監督は撮影の日々を共に過ごした壇上の子どもたちを見やり「みんな、いい顔してます!」と感激の面持ちで語っていた。

『ハロー!純一』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top