M・スコセッシ監督、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で訴えられる

最新ニュース

ジョナ・ヒル&マーティン・スコセッシ&レオナルド・ディカプリオ(C) Getty Images
  • ジョナ・ヒル&マーティン・スコセッシ&レオナルド・ディカプリオ(C) Getty Images
  • レオナルド・ディカプリオ&ジョナ・ヒル&マーティン・スコセッシ(監督)/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』会見 in 東京証券取引所
  • マーティン・スコセッシ(監督)/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』来日プレミア・イベント
  • レオナルド・ディカプリオ/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』来日プレミア・イベント
  • ジョナ・ヒル/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』来日プレミア・イベント
  • ジョナ・ヒル&マーティン・スコセッシ&レオナルド・ディカプリオ(C) Getty Images
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でレオナルド・ディカプリオが演じた実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォードの元同僚が映画の描写をめぐってマーティン・スコセッシ監督と製作会社を相手に訴訟を起こした。

連邦裁判所に訴えを起こしたのは、かつてベルフォードの証券会社「ストラットン・オークモント」で重役をつとめたアンドリュー・グリーン氏。スコセッシ監督と映画を製作したパラマウント・ピクチャーズに2,500万ドル(約25億円)の損害賠償を求めている。

グリーン氏は映画に登場するニッキー・“ラグラット”・コスコフのモデルとされている人物だが、ゴシップサイト「TMZ.com」によると、氏は劇中でコスコフがかつらの着用を同僚たちに執拗にからかわれる描写、同僚たちの目の前で売春婦と行為に及ぶ描写、さらにはドラッグ使用など違法行為に手を染めた描写が誤ったものだと訴えているという。コスコフは『モンスター上司』などのP・J・バーンが演じている。

投資銀行家である同氏は映画によって職業上のイメージを傷つけられたとして、スコセッシ監督とパラマウント・ピクチャーズを相手取り、賠償金のほかに『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のすべての映像コピーを氏に渡すことも求めている。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top