渋谷で“ファッション”を通じて11店舗が初連携!「渋谷ファッションウィーク」開催

最新ニュース

3月10日(月)~3月23日(日)に東京・渋谷で初開催となる「渋谷ファッションウィーク」。大型商業施設11店舗が参画して渋谷の街全体を盛り上げる。
  • 3月10日(月)~3月23日(日)に東京・渋谷で初開催となる「渋谷ファッションウィーク」。大型商業施設11店舗が参画して渋谷の街全体を盛り上げる。
東京・渋谷では、経済産業省やシブヤ経済新聞、そのほか関係企業・団体の協力を得て、地元商店街と大型商業施設を核としてファッションを通じて街に賑わいを創出する共同キャンペーン「渋谷ファッションウィーク」を、3月10日(月)~3月23日(日)にて初開催する。

開催場所は、渋谷ハチ公前広場特設ステージほか、渋谷駅周辺エリアの大型商業施設で、「SHIBUYA109」、「cocoti SHIBUYA」、「渋谷パルコ」、「渋谷ヒカリエ」、「東急百貨店」など全11店舗が“ファッション”を通じて連携する初の試みとなる。

3月14日(金)~16日(日)にメイン会場として渋谷ハチ公前広場に特設ステージが開設され各種イベントが展開される予定だ。そのほか、施設共同キャンペーンの開催や、各施設独自のイベントなども展開される。

渋谷で“ファッションウィーク”といえば、近年では世界5大コレクションの一つである「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO」(主催 一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構)も開催されており、国内外から“ファッションの街”としての注目度が上がっている。

今回主催者となる渋谷ファッションウィーク実行委員会で委員長を務める大西賢治氏(渋谷道玄坂商店街振興組合 理事長)は、次のようにコメントを発表している。「渋谷エリアは、最新の“ファッション文化の街”として日本中・世界中に知られ、また“国際文化都市・渋谷”の実現を目指し、“ファッション文化”を重要なコンテンツとして位置付けている。本キャンペーンを通じて、さらなる“ファッション文化”の発信を街を挙げて進めていく」。

また、「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO」を開催している渋谷ヒカリエの東京急行電鉄株式会社 都市開発事業本部 渋谷営業推進部 統括部長の西澤信二氏は、渋谷ファッションウィークへの参加意義について、「今回初めて渋谷の大型商業施設が一堂に参画してのイベントの意義は非常に大きいと考えている。このイベントを機に街全体で『渋谷のまちとひとをつなぐこと』を実現するとともに、渋谷の街の情報・文化発信の強化をし、アジアはもとより世界中から集客し、渋谷が『日本一訪れたい街』の実現を目指して取り組んでいきたい」と語った。

渋谷を代表する大型商業施設が揃いもそろって初の試みとなる渋谷ファッションウィークが、消費者にどのようなインパクトをもたらし、今後の渋谷をどう盛り上げていけるのかに引き続き注目が集まりそうだ。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top