エイミー・アダムス、故フィリップ・シーモア・ホフマンの思い出を語る

最新ニュース

エイミー・アダムス-(C) Getty Images
  • エイミー・アダムス-(C) Getty Images
  • フィリップ・シーモア・ホフマンの葬儀に参加するエイミー・アダムス-(C) Getty Images
  • フィリップ・シーモア・ホフマン-(C) Getty Images
  • エイミー・アダムス-(C) Getty Images
  • フィリップ・シーモア・ホフマン-(C) Getty Images
  • エイミー・アダムス-(C) Getty Images
エイミー・アダムスが演劇学校の名門、アクターズ・スタジオで行われるインタビュー番組「Inside the Actors Studio」に出演し、2日(現地時間)に亡くなったフィリップ・シーモア・ホフマンの思い出を語った。

『アメリカン・ハッスル』で第86回アカデミー賞主演女優賞候補になっているエイミーは07年の『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』、2008年の『ダウト -あるカトリック学校で-』、そして2011年の『ザ・マスター』で3度フィリップと共演している。

司会のジェームズ・リプトンがフィリップの名前を出すと、エイミーは俳優を目指す学生である聴衆の方を向き、「あなたたち全員が彼と共演できればよかったのに」と語りかけ、「彼は素晴らしい人だったわ。とてもユニークで、人を見る目を持っていた。本当に相手を見抜くのよ。ただ眺めるだけじゃない」とフィリップについて語った。

19日に放送された番組の収録はフィリップの急逝の3日後に行われた。「彼のことが大好きだったし、多くの人がそうだった」とふり返ったエイミーは「ごめんなさい。いまはこれ以上、何を話したらいいのか分からない」と悲しみを隠そうとしなかった。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top