【特別映像】ジェームズ・フランコが“リアル”プレイボーイに?『ラヴレース』

最新ニュース

アマンダ・セイフライド&ジェームズ・フランコ/『ラヴレース』-(C) 2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.
  • アマンダ・セイフライド&ジェームズ・フランコ/『ラヴレース』-(C) 2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.
  • 『ラヴレース』-(C) 2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.
  • 『ラヴレース』-(C) 2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.
  • 伝説のポルノ女優を演じたアマンダ・セイフライド/『ラヴレース』-(C) 2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.
  • クリス・ノース/『ラヴレース』-(C) 2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.
70年代に社会現象を巻き起こした伝説のポルノ女優、リンダ・ラヴレースの半生を描く『ラヴレース』。清純なイメージの強い『レ・ミゼラブル』のアマンダ・セイフライドが、主演のリンダに決定したというニュースは世界中をかけめぐり、予告編が解禁された途端にアクセスが殺到するなど、公開前から話題の注目作だ。

そして、アマンダ以外にもびっくりなキャスティングが! 当時、名実共に(?)プレイボーイと言われていた「PLAYBOY」誌の創設者ヒュー・ヘフナーの若かりし頃を、ジェームズ・フランコが演じているのだ。このたび、アマンダ演じるリンダとジェームズ演じるヘフナーの出会いのシーンが公開された。

1972年、ポルノ映画『ディープ・スロート』は、アメリカのポルノ史上最大のヒット作となり、空前の大ブームを巻き起こした。主演のリンダ・ラヴレース(アマンダ・セイフライド)は“70年代アメリカのシンボル”と呼ばれ、巨額の富と地位を手に入れたはずだった。しかしその裏側にある驚愕の事実が発覚。フロリダの小さな町で厳格な家庭に育ったリンダが、なぜポルノ女優になり、その後なぜ女性運動家になったのか。愛と自由を求めた彼女の、波乱万丈な人生がいま明かされる――。

ジェームズ・フランコ演じるヒュー・ヘフナーは、87歳となったいまでも60歳年下の元プレイメイトと結婚し、まだまだ男として“現役”をアピールする真の(?)プレイボーイ。今回解禁となった映像でも分かるように、ジェームズ演じる若かりしヘフナーは、女の子大好き! な、かなりギラギラとした“スケベ”な雰囲気をプンプンにおわせている。



自身が主催するパーティーにやってきたアマンダ演じるリンダを、彼女の夫を差し置いてエスコートし、数々の有名人に紹介。華やかな場所へと連れ出され、テレビを通して見ていたスターたちに囲まれたリンダが舞い上がっているのは、一目瞭然だ。ヘフナーはこの後、リンダの人生にどんな影響を与えるのだろうか…。

ちなみにジェームズとアマンダは、この撮影をきっかけに実生活でも親密になり、熱愛報道も話題となった。劇中での2人の仲も気になるところだが、伝説のポルノ女優に転機が訪れた瞬間を、まずはこちらの映像でご覧あれ。

『ラヴレース』は3月1日(土)ヒューマントラスト有楽町ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top