是枝裕和が初めて震災をテーマに…『未来への手紙2014~あれから3年たちました~』

最新ニュース

3月8日(土)にNHK総合で放送される、是枝裕和らが総合演出を手掛けた東日本大震災関連番組『未来への手紙2014~あれから3年たちました~』が完成。27日渋谷の同局にて完成試写会が行われ、是枝氏をはじめ長嶋甲兵氏、土田紗佑里氏、牧嶋庄司氏、薮下真宏氏が出席した。

同番組は、東日本大震災から半年後、被災地に暮らす100人の子どもたちが制作したビデオレターを手がかりに、テレビ制作会社の若手ディレクターたちが、子どもたちを再び取材を行い、子どもたちの“今”を、是枝氏と長嶋氏が編集し、一つの番組として紡ぎだしたもの。震災の記憶の風化が懸念される中で、子どもたちがあの時の思いをどのように心に刻み込みながら生きているのかを見つめていく。

是枝氏自身にとっても初めて手がける東日本大震災関連番組となるのだが、「3年という時間が子どもたちの中で流れ、圧倒的に、色んな意味で、彼らの言葉や表情が成長していて、震災直後の映像よりも、ずっと重みを感じました。(子どもたちを取材したディレクターの皆さんに)そういうものを撮っていただいて、本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを表した。

また、今回の番組制作に数社の制作会社が携わっていることについても、「普段、競合している制作会社の人間たちが集まって、何かひとつのものを作っていく、そういう経験が、この作品作りを通して出来たことが一番嬉しいです。評判がよければ続いていくと思いますけれども、続いた時に、そういう関わりが制作会社の人間たちの間で共有できるというのは、素晴らしい体験だったと思っています」と述べた。

是枝 裕和(テレビマンユニオン/番組総合演出)
長嶋 甲兵(テレコムスタッフ プロデューサー/番組総合演出)
土田紗佑里(パオネットワーク ※子どもを取材したディレクター)
牧嶋 庄司(テムジン ※子どもを取材したディレクター)
薮下 真宏(制作統括/NHK東日本大震災プロジェクト エグゼクティブ・プロデューサー)

■『未来への手紙2014~あれから3年たちました~』(NHK総合)
2014年3月8日(土)17:00~17:58
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top