【特別映像】岡田将生の“やられっぷり”満載『偉大なる、しゅららぼん』

最新ニュース

岡田将生/『偉大なる、しゅららぼん』 (C)2014 映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会 (C)万城目学/集英社
  • 岡田将生/『偉大なる、しゅららぼん』 (C)2014 映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会 (C)万城目学/集英社
  • 『偉大なる、しゅららぼん』 -(C) 2014映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会 -(C)万城目学/集英社
  • 『偉大なる、しゅららぼん』 -(C) 2014映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会 -(C)万城目学/集英社
  • 『偉大なる、しゅららぼん』-(C) 2014映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会(C) 万城目学/集英社
  • 『偉大なる、しゅららぼん』 -(C) 2014映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会 -(C)万城目学/集英社
  • 『偉大なる、しゅららぼん』 -(C) 2014映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会 -(C)万城目学/集英社
  • 『偉大なる、しゅららぼん』ポスタービジュアル -(C) 2014映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会 -(C)万城目学/集英社
  • 『偉大なる、しゅららぼん』 -(C) 2014映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会 -(C)万城目学/集英社
“殿”を濱田岳、そして“天然系お供”を岡田将生が演じる、奇想天外な万城目学・原作の映画化最新作『偉大なる、しゅららぼん』。その公開を目前に、岡田さん演じる日出涼介の“へなちょこ”キャラを紹介する特別映像が到着した。

琵琶湖のほとりの街で1,300年という長きにわたり、不思議な力とともに代々継承される日出家本家があった。分家の涼介(岡田さん)は力の修行のため日出本家に居候することに。だが、入学した高校では、“生きる伝説”といわれる本家跡取りの淡十郎(濱田さん)にお揃いの真っ赤なオートクチュールの制服を着せられ、「殿」の「お供」として振り回される毎日が待っていた。

そんなある日、「殿」である淡十郎の失恋をきっかけに、もう一つの不思議な力を伝承する一族であり同級生・棗(なつめ)一家と争いが起きてしまう。まさか小さな失恋の腹いせが、世界を滅ぼす大事件へと発展するとは…!?

今回、解禁となる映像は、ぼんやり&のんびりの“天然癒し系お供”の涼介のキャラクター紹介。高校進学とともに偉大な力の修行にやってくるも、赤い学ランで高校に通わされ、周りからは当然、変人扱い。根っからの「殿様」気質な淡十郎と棗家との争いに巻き込まれ、棗が力を使うときに発せられる音に悩まされ、安息の場所はない。



いつもひどい目に遭い、戸惑いや混乱の表情ばかりを見せる“へなちょこ君”を岡田さんは好演。そのあまりのやられっぷりは、「もしかしたら素の姿に近かったりして…」と、多くの女性のドSゴコロをくすぐるに違いない。

『偉大なる、しゅららぼん』は3月8日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top