【第86回アカデミー賞】レオナルド・ディカプリオ「主演男優賞」逃す…ジンクスを破れず

最新ニュース

レオナルド・ディカプリオ/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 -(C) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
  • レオナルド・ディカプリオ/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 -(C) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
  • アカデミー賞主演男優賞マシュー・マコノヒー-(C) Getty Images
  • アカデミー賞主演男優賞マシュー・マコノヒー&カミラ・アルヴェス-(C) Getty Images
  • アカデミー賞主演男優賞マシュー・マコノヒー-(C) Getty Images
  • 右からマシュー・マコノヒー&ジャレッド・レト/『ダラス・バイヤーズクラブ』- 2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Rights Reserved. 
  • 右からマシュー・マコノヒー&ジャレッド・レト/『ダラス・バイヤーズクラブ』-(C) 2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Right
  • レオナルド・ディカプリオ -(C) Getty Images
  • レオナルド・ディカプリオ/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 -(C) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
3月3日(月)、ついに授賞式を迎えた世界最大の映画の祭典「第86回アカデミー賞」。注目の「主演男優賞」に『ダラス・バイヤーズクラブ』のマシュー・マコノヒーが輝いた。“毎回、アカデミー賞を逃す”という不運なジンクスを負うレオナルド・ディカプリオ(『ウルフ・オブ・ウォールストリート』)は、今回も残念ながら受賞には至らなかった。

マシューが『ダラス・バイヤーズクラブ』で演じたのは、酒と女に溺れる毎日を過ごすロデオ・カウボーイのロン。ある日、「HIV陽性のため、余命は30日」との宣告を受ける。アメリカには承認薬が少ないと知ったロンは、メキシコへと渡り、密輸を開始。トランスセクシャルのレイヨンと手を組み、会費を支払ったメンバーにだけ必要な薬を無料提供する、闇の販売組織“ダラス・バイヤーズクラブ”を立ち上げるのだが…。

並み居る大作が並ぶ中、500万ドルという小規模のバジェットで製作された本作。主演のマシューは、エイズ患者を演じるために21kgもの減量で体当たりで役に挑み、今回見事に栄光を掴んだ。

一方の“無冠の帝王”レオナルド・ディカプリオは、『ギルバート・グレイプ』『アビエイター』『ブラッド・ダイヤモンド』の3作品で過去にアカデミー賞にノミネートされながらも受賞を逃してきた。主演・製作も務める本作こそがと、レオ自身も感じているようで「この作品で受賞したいね。何に増しても注目されたいからね。なぜなら僕のいままでの俳優人生の中で、資金集めをしたり、監督と組んだりと、自分で本当に作り上げたと言える作品が2つあるんだけど、それは『アビエイター』とこの『ウルフ・オブ・ウォールストリート』なんだ」と先日、「The Hollywood Reporter」に語っていた。

しかし、「これこそがアカデミー賞!」といえる結果となったのもまた事実だ。

『ダラス・バイヤーズクラブ』は新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開中。

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は全国にて公開中。

特集「2014 ACADEMY AWARDS」
http://www.cinemacafe.net/feature/oscar2014/

生中継!第86回アカデミー賞授賞式
3月3日(月)午前9:00より生中継 [WOWOWプライム]
リピート放送 3月3日(月)21:00
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top