唐沢寿明、「半沢直樹」の池井戸潤作品に初挑戦!日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』

最新ニュース

俳優の唐沢寿明が、4月よりスタートするTBS系で放送される新ドラマ、日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』で主演を務めることがわかった。

原作は、大ヒットドラマ「半沢直樹」で知られる作家・池井戸潤が、町工場を舞台にした作品「下町ロケット」で直木賞を受賞した後に発表した企業小説。予期せぬ不況の波と、同業他社との激しい攻防戦で倒産寸前に追い込まれた中堅精密機器メーカー・青島製作所を舞台に、会社の存亡、そして会社が所有する名門社会人野球部の廃部を懸けたサラリーマンたちの攻防戦が描かれている。

唐沢が演じるのは、創業者から経営手腕を買われ、青島製作所の社長に抜擢されたやり手のビジネスマンである主人公・細川充。細川の社長就任後間もなく世の中が金融危機に端を発した不況に突入すると、青島製作所も業績が低迷し、細川は野球を愛する創業者が社内に創設した社会人野球部の廃部を決断する。唐沢は「原作はとにかく面白いの一言に尽きます。今作は原作と異なる部分があり、見応えのあるドラマになりそうです。原作と同様、魅力ある“細川充”を演じることができれば」と意気込んでいる。

唐沢を取り巻く共演者にも個性的な俳優陣が勢揃い。社内での風当たりが強い細川の数少ない味方である秘書・仲本有紗役は、TBSの連続ドラマ初出演となる檀れいが演じる。檀は「池井戸さんの作品に携われること、“日曜劇場”に出演できることが非常に光栄です。男性出演者が多いので、良い形で華を添えたいです」とコメント。また、会社の全てを知り尽くし、周囲からは次期社長と目されていた青島製作所の役員・笹井小太郎専務役には、唐沢とはドラマ「白い巨塔」(フジテレビ)以来10年ぶりの共演となる江口洋介が決定。江口は、「社会人野球チームの存続を懸けて戦う企業の中で生じる、経営の内情が分かるからこそ攻めに転じることが出来ないジレンマ、次期社長の座を奪われた嫉妬といった、笹井の複雑な心の葛藤を表したいと思います。リストラ、企業統合など時代が抱えているシビアな問題に取り組むことになりそうですが、働くことの意味やチームのありかたを示せる人間的な作品を作っていければ」と、意気込みを語った。

そのほか、廃部の危機を迎えた社会人野球部の存続に奮闘する総務部長兼野球部長・三上文夫役には石丸幹二が、同業ライバル会社・イツワ電器の社長で、細川と青島製作所を叩き潰すと執念を燃やす坂東昌彦役に、今回が連続ドラマ初出演となる落語界の実力派・立川談春が。そして、野球をこよなく愛し、細川に青島製作所の未来を託す前社長で現会長の青島毅役には、唐沢とは今回が初共演の山崎努が決定している。唐沢は、共演者について「何度かお会いしたことのある方もいますが、初めての方が多いので撮影がとても楽しみ。特に、今回初共演の山崎さんとはドラマの中で密接に関わっているので、沢山のことを学ばせていただきたいです」と、今から撮影が楽しみな様子だ。

原作者の池井戸も「見る人に夢と希望を与えてくれる素晴らしいエンターテインメント作品になることでしょう。グラウンドで、そして会社で展開される白熱の人間ドラマを、一視聴者として楽しみにしています」と期待を寄せている。“ルーズヴェルト・ゲーム”とは、「野球で一番面白いゲームスコアは8対7だ!」という、野球好きで知られるアメリカ合衆国の第32代大統領、フランクリン・ルーズヴェルト大統領の発言にちなんだ言葉で、白熱のシーソーゲーム、“奇跡の逆転劇”を指す。決して諦めない世のサラリーマンたちを勇気づける、逆転につぐ逆転のドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』は4月スタート、毎週日曜21時から放送。

■日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』
2014年4月スタート
毎週日曜21:00~(TBS系)

【出演】唐沢寿明、檀れい、石丸幹二、立川談春、江口洋介、山崎努 ほか 
【原作】「ルーズヴェルト・ゲーム」講談社刊/池井戸潤(「鉄の骨」「空飛ぶタイヤ」「下町ロケット」「半沢直樹」シリーズほか)
【脚本】八津弘幸(「半沢直樹」 映画「イキガミ」ほか)
【プロデュース】伊與田英徳(「半沢直樹」「TAKE FIVE」「南極大陸」「新参者」ほか)、川嶋龍太郎
【演出】福澤克雄(「半沢直樹」「南極大陸」「華麗なる一族」「3年B組金八先生」ほか)、棚沢孝義、田中健太

※山崎努…崎の正しい表記は「山」へんに「竒」
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top