【第86回アカデミー賞】アンジーにガガ…“ヌードカラー”で華やかにレッドカーペット

最新ニュース

「第86回アカデミー賞」ケイト・ブランシェット&レディー・ガガ&アンジェリーナ・ジョリー-(C) Getty Images
  • 「第86回アカデミー賞」ケイト・ブランシェット&レディー・ガガ&アンジェリーナ・ジョリー-(C) Getty Images
  • 「第86回アカデミー賞」ケイト・ブランシェット-(C) Getty Images
  • 「第86回アカデミー賞」アンジェリーナ・ジョリー-(C) Getty Images
  • 「第86回アカデミー賞」レディー・ガガ-(C) Getty Images
  • アカデミー賞助演女優賞ルピタ・ニョンゴ-(C) Getty Images
  • 「第86回アカデミー賞」ジェニファー・ローレンス-(C) Getty Images
  • 「第86回アカデミー賞」助演女優賞を取り合うジェニファー・ローレンス&ルピタ・ニョンゴ-(C) Getty Images
  • 「第86回アカデミー賞」サンドラ・ブロック-(C) Getty Images
3月3日(日本時間)、第86回アカデミー賞授賞式がハリウッド&ハイランド・センターで行われ、今年も多くのスターたちがレッド・カーペットを飾った。

とりわけ、アカデミー賞授賞式のレッド・カーペットは、世界中から注目を浴びる絶好の機会。美しさでの勝負もさることながら、インパクト値の高さも注目のところ。

今年の賞レースで一躍、ファッショニスタとして注目を浴びているのが、『それでも夜は明ける』の力強い演技で助演女優賞に輝いたルピタ・ニョンゴ。「プラダ(Prada)」の淡く柔らかいライト・ブルーのドレスが夢見る少女のようでもあり、チャーミングな彼女の笑顔にマッチして、早くもベスト・ドレッサーの呼び声も。

ルピタとの勝負に、2年連続オスカー受賞とはならなかったジェニファー・ローレンスは、鮮やかなオレンジ色がまぶしい「ディオール(Dior)」のクラシカルなペプラム・ドレス。首元を飾るのは200万ドル(約2億円)のダイアモンドのネックレスというけた外れの豪華さだ。レッド・カーペットでしりもちをつくというアクシデントに見舞われたが、そんな姿も「素で天然」とネット上では好意的な意見が多く寄せられている。

同じく助演女優賞ノミネートのジュリア・ロバーツは、「ジバンシー(Givenchy)」のブラックのレース・ドレス。深く切り込んだ胸元の美しいレースに、クラシックな中にもスポーティーさも合わせもち、ジュリアにぴったりというコメントが多い。

女優デビュー作『マチェーテ・キルズ』で、いきなりラジー賞の最低助演女優賞にノミネートされるなど、注目度抜群なレディー・ガガは、彼女にとってはもっとも保守的ともいえるストラップレスの「ヴェルサーチ(Versace)」のメタリック・ドレスで登場、映画界最大の祭典へのデビューを果たした。

『ゼロ・グラビティ』で主演女優賞ノミネートのサンドラ・ブロックはネイビーの「アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)」のプリーツが豪華なストラップレス・ドレスで、彼女のレッド・カーペット・ドレスの中でもベストでは? との意見が寄せられた。

『アメリカン・ハッスル』の熱演で主演女優賞ノミネートのエイミー・アダムスは、同じくネイビーの「グッチ(Gucci)」のペプラム・ドレス。選んだ理由は「私のためのデザインと思った」のだからだそう。

見事、主演女優賞を射止めた『ブルー・ジャスミン』のケイト・ブランシェットはヌード・カラーにフローラルなラメが施された「ジョルジョ・アルマーニ(Georgio Armani)」のドレス。今年のオスカーはヌード・カラー流行と見える中、堂々たるベスト・ドレスと評判だ。

同じくヌード・カラーで輝いていたのは「エリー・サーブ(Elie Saab)」のメタリック・ドレスに身を包んだアンジェリーナ・ジョリー。彼女のドレスはブラックが多いが、このドレスはアンジーに柔らかいイメージをもたらしていた。また彼女がつけていたダイアモンド・イアリングはなんと42カラット!

逆に去年のプラダのピンクのドレスが様々な話題を呼んだアン・ハサウェイが、今年はブラックの「グッチ(Gucci)」のホルター・ネック・ドレスで登場。メタリックな胸元が騎士が着るアーマーのようと評されているが、総じて好意的なコメントが多いようだ。

男性に目を向けてみると、『ダラス・バイヤーズクラブ』での妖艶な演技で助演男優賞を受賞したジャレッド・レトが、クラシックな「サン・ローラン(Saint Laurent)」ホワイト・タキシードに赤の蝶ネクタイと華やか。「いつも全然スーツを着ないんだけど、こうやってクラシックで正統派の服を着るのもいい機会だね」と話していたとか。

同じく『ダラス・バイヤーズクラブ』での命がけの熱演で主演男優賞に輝いたマシュー・マコノヒーは、今シーズンのレッド・カーペットを数々の奇抜なスーツで楽しませてくれたが、オスカー・ナイトにはアイボリーのタキシードに「ドルチェ&ガッバーナ(Dorce & Gabbana)」のパンツを合わせてコーディネイト。賞レース最後の夜を飾るのにふさわしいいでたちだった。

『それでも夜は明ける』の出演者であり、プロデューサーとして名を連ね、見事に作品賞を受賞したブラッド・ピットは、まさにこれぞ男性の正装といえる正統派の「トム・フォード(Tom Ford)」のブラック・タキシード。彼の体躯にぴったりのテイラード具合も、アカデミー賞にふさわしい風格をもたらしていた。


第86回アカデミー賞授賞式
リピート放送 3月3日(月)21:00[WOWOWプライム]

特集「2014 ACADEMY AWARDS」
http://www.cinemacafe.net/feature/oscar2014/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top