藤原紀香が悪徳女医に!上野樹里主演の医療サスペンスドラマ『アリスの棘』

最新ニュース

4月よりTBS系にて放送される上野樹里主演の新ドラマ『アリスの棘』(毎週金曜21時)に、女優の藤原紀香が、現代劇では初挑戦となる悪役を演じることがわかった。

本作は、患者のための治療よりも研究を進めるためリスクのある治療に盲進したり、自らの保身のため医療ミスを隠蔽するという医師の悪事が横行している大学病院を舞台に、全てを捨てて復讐に命をかけるダークヒロインの姿を描いた医療サスペンス。上野演じるクールでタフな主人公・水野明日美が父親の仇を打つため、患者に寄り添わない医者たちに強い意志と明晰な頭脳で鉄槌を下していく。

藤原が演じるのは、卓越した手技と美貌を兼ね備え、マスコミからもひっぱりだこの超人気女医・伊達理沙。消化器外科のエースで才色兼備だが、自信家で野心が強く、権力者に上手く取り入ることで、明日美が勤務する聖林大学初の女性教授の座を狙っているという役どころだ。藤原は、「悪役はしばらく遠ざかっていたので、実はすごく熱望していました。誰しもが持つダーティな部分を、役を通して見せられるのをとても楽しみにしています。このドラマを機に、演技の幅はもちろんイメージの幅も広げていきたいです」と意気込みをコメント。また、自身が演じる理沙については「元は悪い人ではなかったと思いますが、大学病院という特殊な世界で、色々なことがあり、今の理沙がいるのだと思います。医者としてのプライドや美学を持っていて、そこには“私の意見は正しい”という純粋で真っ直ぐなところがあるかもしれません。誰しもが持つ善悪を分けられないグレーゾーンな部分を出していければ」と語っている。また、先日クランクインを迎えたそうで、「楽しんで演じられることが、すごく大切なことだと改めて感じました。第1話の放送を観た方に“なんだこの女医は!?”と思っていただけたらシメシメですね(笑)」と手応えを感じているようだ。

そして、藤原のほか、研究と論文で教授のイスを狙う准教授・千原淳一役にはココリコの田中直樹が、院内で絶大な権力を持つ教授・磐台修一役には岩城滉一が、次期病院長を狙う移植外科教授・有馬毅役には國村隼が、それぞれ決定。共演者について、藤原は「先日本読みをした時、皆さんの声を聞いただけでゾクゾクしてしまいました。諸先輩方の演技もすごく楽しみにしています」と期待を寄せた。

高橋正尚プロデューサーが「悪役のイメージとはかけ離れた豪華キャストの皆さんに、“こんなムカつく医者、本当にいるのか!?”と誰もが怒りを覚える悪役に挑んでいただきます。大学病院のリアルなエピソードから生まれた傲慢な医者たちが、上野さん演じる明日美の前に立ちはだかります。ぜひご期待下さい!」と自信たっぷりにアピールする、構想に3年をかけたという完全オリジナル作品。明日美の前に立ちはだかる、出世のためならミスの隠蔽もいとわない医師たちの悪役ぶりに、ぜひ注目していただきたい。

■金曜ドラマ『アリスの棘』
2014年4月スタート(TBS系)
毎週金曜21:00~

【出演】上野樹里 中村蒼 オダギリジョー 田中直樹 中村梅雀 藤原紀香(特別出演) 岩城滉一 栗山千明 國村隼 ほか

関連リンク

《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top