嵐・二宮和也と市川海老蔵、ライバル役で共演!新ドラマ『弱くても勝てます』

最新ニュース

嵐・二宮和也が主演を務める、日本テレビ系で4月12日(土)スタートの新ドラマ『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(毎週土曜21時から放送)に、歌舞伎俳優の市川海老蔵が出演することがわかった。海老蔵は「久し振りのテレビドラマ出演になりますが、二宮さんとご一緒させていただくのが楽しみです。また、若い役者さんと皆さんでドラマを盛り上げていきたいと思います」とのコメントを寄せている。

本作は、30歳目前で母校である日本有数の進学校・小田原城徳高校で勤務することになった新人教師、二宮が演じる田茂青志(たもあおし)が超へっぽこ野球部の監督になり、部員たちと勝利を目指す青春学園ストーリー。

海老蔵が演じるのは、主人公・青志にとって“永遠のライバル”のような存在で、元プロ野球選手の谷内田健太郎。高校時代にふたりは野球の試合で対戦、へっぽこの青志は谷内田に徹底的に負けてしまったという過去がある。しかしその時、谷内田は、青志の独特の理屈や生き方に何か引っかかるものを感じていた。高校時代は4番でピッチャーの谷内田は、甲子園で優勝投手に。その後プロ入り、投手として順調に活躍。メジャーへの道が約束されていたが、肩を故障して引退。そして、指導者の道を究めるためアメリカへ行き、最新の野球理論や指導法を学んだ。日本のプロ野球界に復帰するための準備で一時帰国、母校の堂東野球部への恩返しも兼ねて特別臨時コーチとして若者たちを指導。そこで、青志と再会することになる。谷内田は、野球に対して真摯で何事も努力の人だが、単なる堅物ではなく、どこか憎めないお茶目なところがあるキャラクターとして描かれる。

二宮は「まず共演させていただけるのが非常に嬉しいです! ライバル役という事ではありますが、みんなで仲良くいい現場になる様、胸をお借りするつもりでぶつかっていきます!」と、海老蔵との共演を喜んだ。

また、河野英裕プロデューサーは「ライバルの存在が大きければ大きいほど、登場人物たちの輪郭が際立ち、その山が高ければ高いほど、物語は盛り上がります。海老蔵さんにしか醸し出せない特別な存在感は、このドラマを大きく強く盛り上げてくれるに違いありません。二宮くんはじめ若い役者さんたちと海老蔵さんの芝居対決は、土曜よる9時という時間に、見たことがないようなドラマを見せてくれるに違いないと思っています」と語っている。

今回出演することが発表された海老蔵の他にも、青志が監督を務める野球部のメンバーとして、福士蒼太、有村佳純、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、山崎賢人、本郷奏多、間宮祥太朗、桜田通、鈴木勝大、栁俊太郎、平岡拓真ら注目の若手俳優、さらに、麻生久美子、薬師丸ひろ子、荒川良々、光石研、川原和久、笹野高史ら豪華キャストが集結。『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』第1話は、4月12日(土)21時から、初回は20分拡大で放送される。

■『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』
2014年4月12日スタート
毎週土曜21:00~放送(日本テレビ系)※初回20分拡大

※山崎賢人の「崎」の正しい表記は「大」が「立」

関連リンク




《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top