海外セレブも注目!1日15分のエクササイズでホルモンバランスを整える「卵巣 呼吸法」とは

最新ニュース

「TaoZen(R)」メソッドは、東洋の三大生きる智慧とされる、タオ・禅・ヨガのエッセンスを現代生活に取り入れる画期的なメソッドとして、各国のセレブリティからも信奉されている・
  • 「TaoZen(R)」メソッドは、東洋の三大生きる智慧とされる、タオ・禅・ヨガのエッセンスを現代生活に取り入れる画期的なメソッドとして、各国のセレブリティからも信奉されている・
  • ホテル日航東京「SPA然 TOKYO」にて実施される、大内雅弘氏による「チネイザン(氣内臓セラピー)」。
ホテル日航東京は、「SPA然 TOKYO」にて東洋の三大生きる智慧とされる、タオ・禅・ヨガのエッセンスをベースにしたライフ・プラクティスを広め、「TaoZen(R)(タオゼン)」を主宰する大内雅弘氏を招き、「大内雅弘氏による呼吸法ワークショップ」を3月26日(水)に開催する。

ニューヨークを始め、海外でも数多くのセミナーを行っている大内雅弘氏が、今回紹介する現代社会に合わせた日常生活でも取り入れやすいメソッドは、1日15分のエクササイズでホルモンバランスを整える「卵巣呼吸法」というエクササイズだ。あまり聞きなれない、この「卵巣呼吸法」とは、一体どんなエクササイズなのだろうか。

呼吸には、肺呼吸である「外呼吸」と、細胞間で酸素と二酸化炭素の交換を行う「内呼吸」がある。「卵巣呼吸法」は、ホルモンの分泌に関わる器官の「内呼吸」を意識する呼吸法に、瞑想を組み合わせた新しいエクササイズで、女性はもちろんのこと男性も1日5分から15分程度の簡単なエクササイズを取り入れることで、ホルモンバランスを整えていき、冷え性の緩和、便通の改善、腰痛の緩和、気力の向上など、心と体を健やかな状態へと導くことができるそうだ。

ホルモンバランスが乱れてくると身体にいろいろな症状が起こる。原因不明の体調不良やイライラや、なかなか完治しないこれらの症状などは、実はホルモンバランスの乱れが原因の可能性もあるようだ。とはいえ、ホルモンバランスが乱れる原因はさまざまであり、何気ない日常生活の中で引き金となる行為になかなか気づきにくい。

さらに大内氏は、タイのディスティネーション・スパ「チバソム」や東京・表参道にある「TaoZen表参道スタジオ」にて、お腹に触って心身をほぐすことで感情を解き放つホリスティック・セラピーにより、内臓にこもる感情を解放し、健やかなボディ・マインド・スピリットを目指す「チネイザン(氣内臓セラピー)」の施術や技術指導にもあたっている。

「SPA然 TOKYO」では、今回の「大内雅弘氏による呼吸法ワークショップ」以後も、大内氏による「チネイザン(氣内臓セラピー)」の施術機会も用意している。新生活を前にしたこの時期、新しい生活習慣を取り入れたい方や、いままでの生活習慣を見直したい方にもおすすめ。

「大内雅弘氏による呼吸法ワークショップ」は、3月26日(水)14:00~16:00。料金5,000円 (※消費税・サービス料別)。定員は10名。予約、問い合わせは、「SPA然 TOKYO」にて受付中。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top