内野聖陽主演、松本清張『時間の習俗』をドラマ化!4月10日放送決定

最新ニュース

俳優の内野聖陽が、フジテレビ開局55周年特別番組松本清張スペシャル『時間の習俗』(4月10日(木)21時00分~)で主演することが決定。松本清張の代表作「点と線」の名コンビ・三原刑事と鳥飼刑事のアリバイ崩しを描く社会派ミステリーの金字塔で、内野は三原刑事役を演じるがわかった。

内野は今回の役について、「三原刑事は、原作では性格の個性を強く打ち出してないので、どう作るか一瞬戸惑いましたが、今はそれを逆に自由に発想して楽しんでいます」とコメント。「松本清張さんの仕組んだ見事なトリックと人物造形の深さに感銘したので、ドラマ版では、それをいかにテンポよくスリリングに演じられるか、日々入念に考えつつ、楽しんでいます。刑事魂の執念深さ、雑草のようにしぶとい感じは、特に大事に演じたいです」と意気込みを語っている。また、劇中でコンビを組む鳥飼刑事を演じる津川雅彦との共演については、「最高に味わいのある鳥飼刑事です。“点と線”の続編が今作ですが、まるで、それも通過してきたような感覚がしています」と語っており、2人がどのようなコンビを見せてくれるのか期待が高まる。

脚本は『大奥』シリーズや『今日、恋をはじめます』の浅野妙子が初のミステリー作品に挑戦。大規模な北九州ロケが行われ、松本清張唯一の“続編”である『時間の習俗』がどのように描かれるのかに注目だ。

<あらすじ>
年代物のカメラ、エキザクタがニューヨークのオークションハウスで落札された。みすぼらしい外見に似合わず落札価格は1億円。落札者は若手注目株の衆議院議員・峰岡周一(加藤雅也)。マスコミをにぎわすスターである。

警視庁の刑事・三原紀一警部補(内野聖陽)は峰岡が神奈川県の相模湖畔で起こった殺人事件に関わっているのではないかと疑いを持つ。理由は被害者の大手新聞記者・土肥武夫が峰岡の周りを嗅ぎまわっていたという証言を得たことと、その峰岡が敵対していたはずの被害者の葬儀に参列しているのを目撃したこと。事件当日、土肥は相模湖付近のホテルで女と密会した後、2人連れだって湖畔散策に出かけた。しかし、土肥は他殺体で見つかり、女は消えた。女が容疑者とみられるものの、行方は全くつかめない。峰岡の関与を怪しんだ三原だったが、峰岡には完璧なアリバイがあった。土肥が殺害された数時間後には相模湖から1000km離れた故郷の北九州市の和布刈(めかり)神社で行われていた新年の神事を見物し、写真に収めているという完全すぎるアリバイ。鉄道、空港のダイヤを計算すれば犯行自体は可能だが、和布刈神事を撮影していたのが事実とすれば峰岡はシロとなる。カメラのトリックが見破れなければ峰岡のアリバイは崩れない。三原は福岡へ飛び、ベテラン刑事の鳥飼重太郎(津川雅彦)と落ち合い、捜査を開始する。そんな中、若い男の死体が水城(みずき)で見つかる。捜査を進めるうちに、2つの事件の関連性が浮かび上がる。

消えた女の正体は? 峰岡の関与は? はたして、三原は峰岡のアリバイを崩すことが出来るのか? 三原と鳥飼の名コンビが時間と距離を超えた難事件に挑む。

■フジテレビ開局55周年特別番組 松本清張スペシャル『時間の習俗』
2014年4月10日(木)21:00~23:13(フジテレビ系列)

【出演】内野聖陽、加藤雅也、木南晴夏、田村亮、津川雅彦
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top