故ポール・ウォーカー、死亡当日に身に付けていたサングラスがオークションへ

最新ニュース

ポール・ウォーカー-(C) Getty Images
  • ポール・ウォーカー-(C) Getty Images
  • ポール・ウォーカー-(C) Getty Images
  • ポール・ウォーカー-(C) Getty Images
ポール・ウォーカーが死亡した日に身に付けていたサングラスが売りに出されている。昨年11月30日(現地時間)にカリフォルニア州サンタ・クラリタにて、ポールと友人ロジャー・ローダスが乗った車が制御不能となり衝突事故を起こし2人とも帰らぬ人となってしまったが、力になろうと事故直後の現場に駆けつけたある人物が、そこでポールのものと見られるサングラスを見つけたということだ。

「BidAMI.com」に出品されたオークション情報には、その謎の持ち主は警察に事故現場から離れるように言われたものの、残骸が撤去された現場に戻ってみたところ、近くの茂みにそのサングラスがあるのを発見したと記載されている。「本品の持ち主は事故当時に近くにいて、警官や報道陣のサポートをしていました」「事故車の破片が片付けられ、立ち入り禁止のテープが外されて現場の調査が完了した際、担当警察官は一般者の現場への立ち入りを許可しました」「現場には、黒こげになったアイビーの低木、小さな残骸、破壊されたポールや木しか残っていませんでした」。

続けて「本品の持ち主がショック状態で悲しみに暮れながら現場に戻ったところ、アイビーの近くでサングラスを見つけたのです。そこで警官に見せると、重要なものではないと言われたそうです。そこで、泥まみれになっていたサングラスをハンカチにくるんで、ポケットにしまって持ち帰りました。ほかにも残った残骸をいくつか記念にと持ち帰ったそうです」。

さらに、同サイトには同じ持ち主より、現場で使用された消火器、残骸、現場の写真なども出品されている。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top