【予告編】“邪悪な”アンジェリーナ・ジョリーが怖すぎ…泣く子も黙る!?『マレフィセント』

最新ニュース

アンジェリーナ・ジョリー主演『マレフィセント』/(C)2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • アンジェリーナ・ジョリー主演『マレフィセント』/(C)2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • アンジェリーナ・ジョリー主演『マレフィセント』ポスター/(C)2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
アンジェリーナ・ジョリーが、ディズニー史上最強の悪役を演じる『マレフィセント』。世界が愛するディズニー・アニメ『眠れる森の美女』の、誰も知らない“本当の物語”の予告編がついに解禁となった!

世界中の子どもたちに愛され続けているディズニー・クラシック・アニメーションの『眠れる森の美女』。今回、映画の主人公となるのは、王子様の真実の愛で“永遠の眠り”から目覚める美しいお姫様…ではない。お姫様に呪いをかける邪悪な妖精“マレフィセント”なのだ。つまり、ディズニーが半世紀以上も封印してきた禁断の秘密が暴かれることになる。

本作が話題である理由は、それだけではない。誰もが恐れる邪悪な妖精を演じているのは、アンジェリーナ・ジョリー。アニメから飛び出てきたかのような、その完成度の高さは圧巻。アンジーの子どもたちも怖くて逃げ出したというほどのクオリティだ。

今回解禁となった予告編は、アニメ『眠れる森の美女』のワンシーンから始まる。“王子がオーロラ姫にキスをする”あの有名なシーンだ。

恐ろしいマレフィセントが登場し、ドラゴンに変身したところで実写版に切り替わると、アンジー版マレフィセントの怪しいシルエットが映し出される。そしてオーロラ姫の誕生日を祝うパーティーの場面。幸せムードで満ちあふれているお城に、招かれざる客の邪悪な妖精マレフィセントが現れ、オーロラ姫に“永遠の眠り”の呪いをかけてしまう…。



と、ここまでは誰もが知る『眠れる森の美女』のストーリー。注目すべきは、それ以降で発覚する3つの新事実。

1つ目は、マレフィセントがオーロラ姫に森で見つかっていること。アニメ版ではオーロラ姫が生まれた時以外に、2人が顔を合わせた描写はない。

2つ目は、少女になったオーロラ姫が、すでにマレフィセントと交流していること。

3つ目は、マレフィセントには以前、翼があったが、何者かによって盗まれたということ。

さらに、本作で映画デビューを果たしたアンジーとブラッド・ピットの愛娘の姿もチラリ。邪悪な魔女に扮したアンジーから唯一、逃げ出さなかったという勇敢な(?)ヴィヴィアン・ジョリー・ピットちゃんが、オーロラ姫の子供時代を演じている。

果たして邪悪な妖精・マレフィセントとは何者なのか? 何故オーロラ姫に呪いをかけたのか? 呪いがもたらす驚くべき運命とは? まずは予告編から謎に包まれた本作の世界観を覗いてみて。

『マレフィセント』は7月5日(土)より全国にて2D/3D公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top