内野聖陽&津川雅彦の“攻守”の関係に注目、松本清張『時間の習俗』

最新ニュース

松本清張の代表作「点と線」の名コンビ・三原刑事と鳥飼刑事のアリバイ崩しを描く社会派ミステリー『時間の習俗』が、フジテレビ開局55周年特別番組として、4月10日(木)21時00分より放送。主人公・三原刑事役を演じる内野聖陽と、ベテラン・鳥飼刑事を演じる津川雅彦らがコメントを発表した。

物語は、完璧なアリバイを持つ容疑者を追う三原刑事と鳥飼刑事の活躍が描かれる。ある年代物のカメラが、ニューヨークでオークションにかけられ1億円で落札された。落札者は若手注目株の衆議院議員・峰岡周一(加藤雅也)。また、大手新聞記者・土肥武夫が神奈川県の相模湖畔で殺害されるという事件が起こる。警視庁の刑事・三原紀一警部補は峰岡が神奈川県の殺人事件に関与していると疑いを持つ。しかし、事件当日、峰岡は1000km離れた故郷の北九州市の和布刈(めかり)神社で行われていた新年の神事を見物し、写真に収めている完璧なアリバイがあった。三原は福岡へ飛び、ベテラン刑事の鳥飼重太郎と落ち合い捜査を開始。そんな中、若い男の死体が水城(みずき)で見つかり、捜査を進めるうちに、二つの事件の関連性が浮かび上がる。はたして、三原は峰岡のアリバイを崩すことが出来るのか? 三原と鳥飼の名コンビが時間と距離を超えた難事件に挑む。

内野は演じた三原について、「戦場でたとえると私が、急先鋒の突撃武将。そして鳥飼さんは“遠山の構え”で冷静に俯瞰(ふかん)しているイメージですかね。三原が馬車馬のように突撃していって、それを冷静にみている熟練の達人、という関係性。鳥飼さんが、ポンっと肩を叩いてくれて、三原が“おっとっと”って冷静さを取り戻す。これが現場での津川さんと僕の関係にも表れていて“役と一緒だな”って思いました(笑)津川さんは熟練のベテランの大先輩俳優。僕のやり方を温かく受け止めてくださって。現場で見えてきたものが、三原と鳥飼さんのキャラクターの関係性に影響している部分は大きいですね」と話した。

一方の津川も鳥飼刑事について「鳥飼自身のキャラクターというよりも、内野さん演じる三原との対比でみてもらいたいです。三原がアタッカーなら、僕の演じる鳥飼はディフェンス。その対照の面白さを、楽しんでもらいたいですね」とコメントしており、ふたりが劇中で見せるコンビネーションに期待がかかる。

■フジテレビ開局55周年特別番組 松本清張スペシャル『時間の習俗』
2014年4月10日(木)21:00~23:13(フジテレビ系列)

【出演】内野聖陽、加藤雅也、木南晴夏、田村亮、津川雅彦
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top