ジェニファー・ロペス、ニューアルバムのアイデアは“離婚”

最新ニュース

ジェニファー・ロペス-(C) Getty Images
  • ジェニファー・ロペス-(C) Getty Images
  • ジェニファー・ロペス
  • ジェニファー・ロペス-(C) Getty Images
ジェニファー・ロペスのニューアルバムは自身の離婚の経験からアイデアを得たものだそうだ。ジェニファーにとっては8年間の結婚生活を送った元夫マーク・アンソニーとの2011年の離婚が自身の人生における「分岐点」だったそうで、以来、愛に対して異なる見方をするようになり、それが10枚目となる新作アルバムに反映されているのだそうだ。

マークとの間に6歳になる双子のマックスとエメを持つジェニファーは、「Popcrush.com」に「私が9枚目までのアルバムで感じてきた愛と、私が色々な経験をしたいまの考えとはとても違うの」「私の目標と言えば、出来るだけ正直でいることだったわ。ツアーに出た頃には、私生活の中でたくさんのことを経験していたでしょ。離婚していたし。色んなことが起こったわ。それが私の人生の分岐点だったと本当に感じるの」と話した。

マークとの破局後わずか数か月で、26歳の元バックダンサー、キャスパー・スマートと交際を始めたジェニファーはまた、新曲「アイ・ラ・ヤ・パピ」のPVにも触れ、そのビデオ内での上半身裸の男性モデルたちとの撮影を楽しんだと明かしている。「あれはすごく楽しかったわ。ちょっと言わせてもらいたいんだけど、何年間も男性アーティストたちはこういった感じのビデオを作ってきたでしょ。それって楽しいからなのよ」「私があの曲をレコーディングしているとき、すごくふざけたい気分だったの。だからビデオでも同じようにしようと決めたのよ」「監督がラップのビデオみたいにしようっていうアイデアを思いついたんだけど、私がそのラッパーの立場になって、その方向に全てを置き換えて、水着姿の女の子たちを登場させる代わりに水着姿の男性を登場させたってわけ」「それにそのビデオでは私が可愛い女の子になるんじゃなくて、豪邸やヨットにいるラッパーになったのよ。全てはお遊びのつもりでやっていたけど、みんなもそのジョークを分かってくれると思ってたわ」。

そんなジェニファーのタイトル未定の新作アルバムは6月に発売予定となっている。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top