『笑っていいとも!グランドフィナーレ』は28.1%、瞬間最高33.4%で有終の美

最新ニュース

3月31日の放送で32年の歴史に幕を閉じた『笑っていいとも!』最終回の視聴率が16.3%、その夜に放送された『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』の視聴率が、平均28.1%(瞬間最高33.4%)の高視聴率を獲得し、有終の美を飾った。

お昼の放送では、ビートたけしが最後のテレフォンショッキングのゲストとして登場。タモリを賞賛(?)する表彰状を読み上げ、タモリとはデビュー当時のエピソードを披露するなどして盛り上げた。番組の最後には、各曜日レギュラーを代表して中居正広、太田光、笑福亭鶴瓶、関根勤(曜日順)も合流し、ラストはいつも通りタモリの「明日も見てくれるかな?」のかけ声に観客が「いいとも!」と応えて、最後の瞬間を締めくくった。この日、平均視聴率は16.3%で、1982年10月4日(月)の番組スタート以来、全8054回の平均視聴率は11.5%を記録。これは、他局の同時間帯の視聴率が残っている1989年以降のデータでみると、25年連続民放同時間帯年間視聴率で横並びトップ。2014年のラスト3カ月も月間視聴率で同じくトップとなる。

そして、昨夜20時~11時14分まで放送された『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』は、平均視聴率28.1%を獲得。吉永小百合がLIVE中継で初出演を果たし、明石家さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、爆笑問題、笑福亭鶴瓶、ナインティナイン、中居正広らが、ステージに次から次へと登場し、タモリに感謝の言葉を伝え、タモリを胴上げするなどして大盛り上がり。途中、収集の付かない事態になりながらも、会場の暖かい空気は画面を通して伝わったようで、ネット上でも「これは良いグダグダ」「涙が出てきた」というようなコメントが多数見受けられ、出演者と同じように、最後の瞬間を楽しんでいたようだ。終盤にタモリのスピーチが始まると、視聴率は30%の大台に乗り、出演者全員による「ウキウキWatching」の大合唱で瞬間最高視聴率33.4%をマークした。

また、同番組は、2002年4月5日に放送5000回を迎えたことにより、ギネス世界記録(R)にタモリが「生放送単独司会世界記録」として登録。あらためて3月31日の最終回放送までの数字がギネス世界記録に認定された。さらに、放送8054回という数字自体も「同一チャンネルによる生放送バラエティ番組の最多エピソード数」として新たにギネス世界記録に認定された。


関連リンク
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top