ビヨンセ、コンサート中に怪我を負ったファン2人から訴えられる

最新ニュース

ビヨンセ-(C) Getty Images
  • ビヨンセ-(C) Getty Images
  • ビヨンセ-(C) Getty Images
  • ビヨンセ
  • ビヨンセ-(C) Getty Images
ビヨンセがファン2人から訴えられている。ビヨンセのファンであるラクエル・カステラノスさんとガブリエラ・デヴィッドソンさんは、昨年末にビヨンセのシカゴ公演の開始前に踏みつけられ怪我を負った件でビヨンセを相手にクック郡州裁判所で訴訟を起こした。

シカゴの「CBS」局が入手した裁判書類には、昨年12月の公演チケットを持っていた2人はステージにできるだけ近い位置を確保するため、すでにチケットが完売していたその公演の会場であるユナイテッド・センターに数時間前に到着していたと書かれていたようだ。同書類には「時間が経つにつれて、人だかりはさらに大きく、もっと密集度も高くなり、どのように、いつゲートが開くのか、そしてチケット保持者やファンがユナイテッド・センターのどこから入場するのかなどと不安が募ってきており、これに対する説明は全くされなかった」と記載されていた。

同会場の入場口が遂に開いたときには観客が一気に流れ込み、2人は地面に倒され、「ものすごい勢いの群集」によって踏みつけられ両者とも意識不明となったという。また2人はその際に骨折や怪我も負ったために、地元の病院に行くことを余儀なくされ、結局はコンサートも見過ごしてしまったという。

長年ビヨンセのファンだというこの2人は、今回のような出来事を防ぐ対策が一切なされていなかったとして、同アリーナ会場を始め、コンサートのプロモーターであるライブ・ネイション・エンターテイメントとビヨンセにこの責任があると考えているようだ。2人は同3者を相手に6つの訴訟を起こし、金額未公表の賠償金を要求する構えだという。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top