木村佳乃、能年玲奈の“ママ”役に…映画『ホットロード』

最新ニュース

木村佳乃(ママ役)&能年玲奈(宮市和希役)/映画『ホットロード』-(C)2014『ホットロード』製作委員会  -(C)紡木たく/集英社
  • 木村佳乃(ママ役)&能年玲奈(宮市和希役)/映画『ホットロード』-(C)2014『ホットロード』製作委員会  -(C)紡木たく/集英社
  • 映画『ホットロード』 -(C)紡木たく/集英社文庫<コミック版>
  • 映画『ホットロード』 -(C)紡木たく/集英社文庫<コミック版>
  • 能年玲奈(宮市和希役)&登坂広臣(春山洋志役)/映画『ホットロード』 -(C)2014『ホットロード』製作委員会  -(C)紡木たく/集英社
  • 能年玲奈(宮市和希役)/映画『ホットロード』
  • 登坂広臣(春山洋志役)/映画『ホットロード』
能年玲奈と「三代目J Soul Brothers」の登坂広臣を主演に迎え、紡木たく原作の伝説的少女漫画を実写映画化する『ホットロード』。このほど、新たに能年さん演じるヒロイン・和希との間に深い確執を抱えたママ役に、私生活では2児の母でもある女優・木村佳乃が決定した。

14歳の少女・宮市和希(能年玲奈)は、万引きで警察に捕まった。その日はママの誕生日。でも、ママは迎えに来なかった。和希の家には亡きパパの写真がない。ママが好きなのは昔から別の男。自分が望まれて生まれてきたわけではないことに心を痛める和希は、学校にも馴染めずにいた。

ある日、転校生・絵里に誘われるまま、夜の湘南で“Nights(ナイツ)”というチームの少年・春山洋志(登坂広臣)と出会う和希。最初の出会いは傷つけ合って散々だったが、春山が身を置く不良の世界に和希は自分の居場所を求め、戸惑いながらも次第に春山に惹かれ始める――。

原作は、集英社の少女漫画史上最速で100万部を突破し、コミックス全4巻で700万部という驚異的な発行部数を誇る伝説的コミック。映画化に当たっては、原作者の紡木さん自らが脚本を監修するなど、能年さんの“和希”、登坂さんの“春山”に惚れ込み、強い想いが込められている。

その中で木村さんが演じるのは、夫の死後、女手一つで娘・和希を育てながらも、高校時代から好き合っていた相手・鈴木と一緒になれず、鈴木を今でも想うあまり和希を悩ませてしまうというママ。思春期まっただ中の和希にとって、そのことは “自分は必要とされていない”と思い至るには十分だ。

能年さんとは初共演となった木村さんだが、「シャイだけれどとても瞳の綺麗な方でした。あまり口数は多くないけれど、瞳でたくさん語りかけてきてくれる素敵な女優さんだと思いました」と、その印象を語る。

もともと原作には並々ならぬ思いがあったという木村さん。「大好きな漫画で何度も何度も読んだ本です。当時は和希に感情移入して、彼女に共感しながら読んでいたので、まさか自分がその母親を演じることになるなんて、何だか不思議な感じがしました」と、胸の内を話す。

また、演じたヒロインの母親については、「少女のようなふわっとした女性でした。思春期の和希ときちんと向き合うことができないくらい」と分析。「彼女自身も子どもだったんじゃないか」と、演じながら考えていたことを明かしてくれた。

一方の能年さんは、「木村さんとガッツリ演技をさせていただいて、とても勉強になりました」と語る。

「会う度こちょこちょってされるのが面白かったです。私は緊張しやすいのですが、こちょこちょっとくすぐられると、自分が木村さんの子どもになった気分で、ホッとしました」と能年さんが言えば、木村さんも「能年さんと2人で、メイクさんが用意してくれた付け髭をつけて監督を驚かせたりしました」と現場でのエピソードに触れ、劇中からは一転、すっかり仲よしになった様子だ。

そして、「和希は、お母さんに対してのフラストレーションがあったからこそ、春山に惹かれた気がしました。ホットロードは“親子の映画”でもあると思っています」とも話す能年さん。

遠くて近い、憎んでも離れられない“親子”だからこその関係性は、本作のもうひとつの見どころとなりそうだ。

『ホットロード』は8月16日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top