「Let It Go」を映画館で歌おう! 歌詞字幕付き『アナと雪の女王』G.W.限定上映

最新ニュース

『アナと雪の女王』-(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 妹・アナ(左)と姉・エルサ(右)/『アナと雪の女王』-(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』ポスター/(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
『トイ・ストーリー3』を超え、アニメーション映画としては全世界興行収入歴代NO.1、日本でも目下、80億円突破の大ヒットとなっている『アナと雪の女王』。その人気の裏には、字幕スーパー版・日本語吹き替え版ともにファミリー層を中心に学生、カップル、OLからシニアまで幅広い客層を魅了する、「Let It Go」を始めとする楽曲の数々がある。

ソチオリンピック女子フィギュア銀メダリスト、キム・ヨナを始め、ウェブ上で自ら歌う「Let It Go」を披露することも話題となっているが、このほど「私も歌いたい!」という多くの要望を受ける形で、4月26日(土)より、G.W.限定企画として歌詞字幕付き『アナと雪の女王』が公開されることが決まった。

本作は、特別な“秘密の力”を持つ姉・エルサと雪と氷に覆われてしまった王国を救うため、妹・アナが山男のクリストフとトナカイのスヴェン、“夏に憧れる雪だるま”のオラフと共に雪山の奥深くへと旅に出る物語。ディズニーが贈る、このミュージカル仕立ての最新アニメーション映画はいまや世界中で社会現象と化している。

特に、姉・エルサの心情を歌い上げた主題歌「Let It Go」は、レコチョクランキングやiTunesランキングなどで日本語版の松たか子や字幕版のイディナ・メンゼルらが歌うさまざまな「Let It Go」が上位を独占。

本場ブロードウェイ仕込みの楽曲には、SNSの書き込みでも話題が絶えず、「曲がアタマから離れない」、「ついつい口ずさんでしまう」という声が続出している。

今回の“みんなで歌おう♪” は、劇中の歌唱シーンに歌詞の字幕が付けられているため、映画館でエルサやアナと一緒に思う存分に歌えることから、先んじて行われた米国でも大好評となっていた企画。字幕版では英語歌詞の字幕と日本語字幕が、日本語版では日本語歌詞の字幕が付くという。

さらに、問い合わせの多かった3D日本版の上映も緊急決定。エルサを演じた松さんや、アナを演じた神田沙也加の歌声と共に、美しい氷と雪の世界を3D体験することもできる。

“映画館でみんなで歌おう♪”企画、日本版3D上映に関する詳細は、本作の公式HPにて随時掲載される予定だ。

歌詞字幕付き『アナと雪の女王』は4月26日(土)よりG.W.限定公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top