滝藤賢一演じる主人公・段田のスーツ姿に「MEN’s EX」編集長がダメだし!『俺のダンディズム』トークショー

最新ニュース

4月16日(水)23時58分から、ドラマ『俺のダンディズム』テレビ東京系列にてスタート。放送に先がけて12日、東京・伊勢丹新宿店にて「滝藤賢一が語るダンディズムトークショー」が開催され、主演で“ダンディになりたい男”段田一郎を演じる滝藤賢一が、男性ファッション誌「MEN’s EX」大野陽編集長とともにダンディズムについてトークを繰り広げた。

まずステージに登場したのは、このドラマで滝藤演じる段田の等身大パネル。段田のスーツ姿のパネルを見て大野編集長は、「まずサイズ感がちょっと……。身幅のダラッとした感じもそうですし、パンツの丈も余っていて、疲れたサラリーマンに見えます。グレーのトーンとボヤッとした色のネクタイ組み合わせも古くさくて、カラー(襟)もバランスが悪い」とあらゆる角度からダメだし。そんなダメだしが一通り終わったところで、滝藤がこの日のためにあつらえたというオーダーメイドスーツで登場すると、段田パネルとのギャップに客席からは歓声が。滝藤が「こんなにドレスアップしたのは初めて、自分でも別人だと思いました。これで子どもの入学式に行こうかしら」と嬉々としてコメントすると、大野編集長も「背筋がピンとしていますし、存在感が別人ですね」と評した。さらに、段田と違って、“男性アイテム”にこだわりがあるという滝藤は「べっ甲や黒、ボストン型のものだったり、服装によって変えるようにしています」と眼鏡へのこだわりを語り、大野編集長も「眼鏡を変えるだけで第一印象がすごく変わる。イメージ戦略の小物としてはすごく良いと思います」とそれに応じた。さらに、滝藤は「経験に裏打ちされたにじみ出るオーラがある人にダンディズムを感じます。刻まれた皺の深さというか、皺が深くなればなるほど格好良くなれると思っています」と自身のダンディズム論を語った。

また、「お金をかけずにダンディになるには?」という観客からの質問に、大野編集長は「まずは、ファッション誌を読むこと」と、滝藤は「『俺のダンディズム』というドラマを観ていただくことですね」とそれぞれ推薦。最後に、滝藤は「ちょっとモテたいがためにダンディになろうと一大決心するというどうでもいい話(笑)。だからこそ身近に感じて戴けるでしょうし、共感しやすいと思います。男性アイテムが、説明だけではなくコミカルな会話のなかでとても楽しく知識を得ることができるのでぜひ観ていただきたいです」とドラマをアピールした。

さらに、トークイベント後に取材に応じた滝藤は、このドラマがシーズン3まで続いている人気ドラマ「孤独のグルメ」と同じ放送枠であることに関して、「今回のシーズン1で……って、すでに勝手にシリーズ化しちゃっていますが(笑)、けっこう身の回りのものは扱ってしまったので、次は映画化ですかね」と早くも続編に期待を寄せた。

[ストーリー]課長に昇進したばかりで、部下の目も気になる段田一郎(滝藤賢一)は、密かにお気に入りの女性新入社員(石橋杏奈)の「ダンディな男性が好み」という発言を耳にし、ダンディな上司になろうと一念発起する。どうしたら、伊達部長(前川泰之)のように女性社員の心をつかむダンディな男になれるのか? 男性ファッション誌を読みあさったり、ジローラモが講師を務める怪しげな「ダンディズム講座」で勉強したり、悪戦苦闘していると、紳士用品全般を扱う不思議な店「マダムM」を見つける。そこでは、ミステリアスな女店主・美幸(森口瑤子)が商品の歴史やうんちく、最新の人気ラインナップを丁寧に教えてくれて……。

■『俺のダンディズム』
2014年4月16日スタート(テレビ東京系列)
毎週水曜23:58~24:45

【出演】石橋杏奈、前川泰之、パンツェッタ・ジローラモ/森口瑤子 ほか
【監督】濱谷晃一(テレビ東京)、内山慶祐ほか
【脚本】堀田延、濱谷晃一
【主題歌】I am Dandy(アイ アム ダンディ)/作詞・作曲・編曲:MANNISH BOYS
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top