ロック×ボランティア! 世界中で14万人以上が参加する「ロックコープス」が日本初開催

最新ニュース

ロック×ボランティア!世界中で14万人以上が参加する「ロックコープス」が日本初開催となる。
  • ロック×ボランティア!世界中で14万人以上が参加する「ロックコープス」が日本初開催となる。
  • 4月9日(水)、JTアートホール アフィニスにて行われた報道関係者向けの記者発表会にて。福島県の復興シンボルキャラクター「キビタン」と、左から福島県知事 佐藤 雄平氏、、RockCorps 共同創設者 CEO スティーブン・グリーン氏、宮崎秀樹・JT取締役副社長。
音楽とボランティアを融合した「RockCorps(ロックコープス)」という取り組みをご存知だろうか? 「4時間以上のボランティアを行えば、有名アーティストのライブイベントに参加できる」という取組みで、世界9か国で開催され、14万人以上が参加してきた。過去にはレディー・ガガ、リアーナ、「マルーン5」などビッグアーティスト達が出演し、“絶対に購入できないプレミアムチケット”として話題を集めてきた。

「RockCorps(ロックコープス)」は、2003年にアメリカで設立されたソーシャル・プロダクション・カンパニーで、 今年「RockCorps supported by JT」として日本初開催することが決定。4月9日、JTアートホール アフィニスにて報道関係者向けの記者発表会が行われた。

日本およびアジアで初開催となる「RockCorps supported by JT」では、東日本大震災の復興支援を目的に、4,000人のボランティアによる、のべ16,000時間分のボランティア活動を創出し、プロジェクトを締めくくる有名アーティストによるライブイベント“Celebration(セレブレーション)”を、9月6日(土)にあづま総合体育館(福島県福島市)にて開催する。

4月9日の発表会の冒頭で、「RockCorps」共同創設者CEOのスティーブン氏が「私自身、去年東北を訪れる機会があり、地域で働かれている方々、NPOの方々が復興支援をしている姿を見て非常に大きなインスピレーションを受けました」と日本開催を決意した理由を語った。

スティーブン氏によると、過去のデータによると「RockCorps」開催後、参加者のうち40%が6か月以内に再びボランティア活動に参加していて、その27%が「RockCorps」で参加したボランティア協力団体のプロジェクトに参加しているという。

さらにスティーブ氏は、レディー・ガガにはHIVのクリニックで仕事をしてもらったり、「マルーン5」には、メキシコシティーの学校での奉仕活動、スヌープドッグにはイギリス、マンチェスターにある若者向けの団体で活動をしてもらったと、過去に参加した有名アーティスト達のボランティア活動について紹介した。

「RockCorps」共催の福島県、佐藤雄平知事は「この『RockCorps』を契機に、より多くの人がボランティアに興味を持ち、気軽に参加するという新しい流れができ、それが復興の更なる後押しとなることを期待します」と本イベントへの思いを語った。

記者発表会では、福島県の復興シンボルキャラクター「キビタン」、「チームキビタン」の橋本さんも登場し、全員で「ふくしまから はじめよう」と声を揃えて共催挨拶を結んだ。

音楽の力を使って “企業”と“地域社会”と“人々”を結びつけ、「楽しみながら、気軽に参加できる社会貢献の形」を提案する本イベントの今後の反響についても引き続き注目してみたい。ボランティア活動の募集は「RockCorps supported by JT ー Yahoo!ボランティア」のHP上にて受付られる。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top