【特別映像】ウェス・アンダーソン最新作『グランド・ブダペスト・ホテル』“濃すぎる”キャラに注目

最新ニュース

『グランド・ブダペスト・ホテル』 - (C)2013 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
  • 『グランド・ブダペスト・ホテル』 - (C)2013 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
  • 『グランド・ブダペスト・ホテル』 - (C)2013 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
  • 『グランド・ブダペスト・ホテル』 - (C)2013 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
  • 『グランド・ブダペスト・ホテル』 - (C)2013 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
  • 『グランド・ブダペスト・ホテル』 - (C)2013 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
  • 『グランド・ブダペスト・ホテル』 - (C)2013 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
各国で封切りとなるや否や次々と記録を更新、全米で館アベレージ歴代No.1のスーパーヒット記録しているウェス・アンダーソン監督の最新作『グランド・ブダペスト・ホテル』が6月6日(金)より公開されることが決定。このほど超豪華キャスト陣が演じるキャラクターが勢揃いした日本版ポスタービジュアルと紹介映像が公開された。

1932年、美しい山々を背に優雅に佇む、ヨーロッパ最高峰のグランド・ブダペスト・ホテル。エレガントな宿泊客たちのお目当ては、“伝説のコンシェルジュ”グスタヴ・Hだ。彼の究極のおもてなしの秘密は、マダムたちの夜のお相手も辞さない徹底したプロ意識にあった。ところが、グスタヴの長年のお得意様である伯爵夫人のマダムDが殺され、遺言で貴重な絵画を贈られたグスタヴが容疑者に。グスタヴはヨーロッパ大陸を逃飛行しながら、愛弟子のベルボーイのゼロと共に謎に挑む――。

前作『ムーンライズ・キングダム』でも館アベレージ歴代記録1位を樹立したが、今回はその成績を各国で大きく上回り、週を追うごとに勢いは増している本作。現代から60年代、そして大戦前夜の3つの時代を背景に、ラグジュアリーなホテルで繰り広げられる極上のミステリーをアンダーソン監督独特のユーモアによって描かれている。

これまで公開されていたビジュアルはピンク色が印象的なホテルの外観のみだったが、今回はフロントデスク奥に並ぶルームキーにはレイフ・ファインズを始め、エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、ジュード・ロウ、ビル・マーレイ、エドワード・ノートン、ティルダ・ウィンストン、そして『つぐない』でアカデミー賞助演女優賞にノミネート経験を持つシアーシャ・ローナンや、『アデル、ブルーは熱い色』のレア・セドゥなど超豪華なキャストの面々が。

そして映像にはめまぐるしく登場する彼らのキャラクターが徐々に明らかになっていくのが確認でき、ひとつひとつの風合いも異なり、この映像だけでもアンダーソン監督の細部へのこだわりが伝わってくる。

アンダーソン監督の世界観に究極のプロフェッショナル達の誇りと絆、師弟を越えた信頼が輝く本作。まずはこちらの映像からこのホテルに関わる豪華俳優陣たちをチェックしてみて。




『グランド・ブダペスト・ホテル』は6月6日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、シネマカリテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top