関ジャニ∞安田章大、Hey!Say!JUMP伊野尾慧と「二人三脚で」『なるようになるさ。』

最新ニュース

館ひろし主演、橋田壽賀子脚本で4月22日(火)21時よりTBS系列にてスタートするホームドラマ『なるようになるさ。』の制作発表が14日に都内で行われ、館、橋田を始め、浅野温子、安田章大(関ジャニ∞)、紺野まひる、南沢奈央、伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)、渡辺美佐子、泉ピン子が出席した。

本作は、舘ひろしと浅野温子が演じる長島大悟・綾夫妻が営む「自宅レストラン」を舞台に、“疑似家族”として共同生活を送る他人同士の人間模様をコメディタッチで描いたホームドラマ。前作で自宅レストランの従業員として奮闘し、新たな人生をスタートさせた内田陽子(志田未来)、大竹昇(安田)、千葉恵理(紺野)のその後と、南沢、伊野尾、渡辺が演じる新たなワケあり従業員たちが、困難や課題に立ち向かう姿が描かれる。

館は、「浅野さんとの寝室の嵐が見どころです。後は、ピン子さんのこれまた嵐のような人柄。女は嵐ですね!」と冗談めかして語り、浅野は「今回は、ベテランの渡辺さんがいらしてくれたことにより、ストーリーにより重みが出ました。20代の若者が華を添えて下さいましたし。南沢さん、伊野尾くん、渡辺さんと新たに出演する3人の、ペラペラとよく話すところが見どころです」とコメントした。

そんな中、綾の姉・西木邦を演じるピン子は「館さん好きです」と突然切り出し、「私が楽しみなのは、大悟と寝室で話すシーン。大ちゃんと会うことが毎週楽しみだし、大ちゃんも私のことが好きみたい。後ろにベッドがあるので、間違いが起きなければ良いな(笑)」と大胆発言。館は「僕は別の部屋で撮りたいと思っているんですが……」と本音を明かした。

前作から出演している安田は、「今回も出させていただけて嬉しいです。前作では大ベテランの方とお仕事をさせていただき、お芝居と共に、人間力を鍛えられました」と前作を振り返り、今回共演する伊野尾については「伊野尾くんは先輩と仕事をするのが初めてらしいので、二人三脚で現場を盛り上げていけたら。微力ながら笑いも届けたいと思います」と気遣った。昇の後輩として今回から登場する奥村涼を演じる伊野尾は、「連続ドラマにレギュラー出演するのが初めてですし、役のために初めて金髪にしました。初めてだらけですが、いろいろなことを吸収して今までとは違う自分を見せられたら」と意気込み、南沢は「長いせりふは今までなかったので、館さんが“そんなに考えてもだめだよ。なるようになるさ”と言って下さいました」と現場でのエピソードを明かした。

また、浅野に「ピン子お姉ちゃんは、“私糖質ダイエットやっているの”と言うのにドーナツを食べようとするんです。“ダイエットしているんでしょ?”と聞くと、“本番で頭使うから良いのよ!”と言うんです」と現場での様子を明かされたピン子は「長いせりふを言うから、脳が糖分を要求するのよ。甘いものだけではなくてたまには辛いものも差し入れなさいよ!」と言い返し、さらに「安田も悪いのよ! 甘いものばっかり持ってきて!」とまくしたて、安田はタジタジに。伊野尾も「ピン子さんにおにぎりをもらったのでその場で食べたら、“私の前に食べるな!”と怒られました。どこで食べれば良いんですか?」と、食べ物ネタを披露し、会場を盛り上げた。勢いづいたピン子は「とにかく食べ物が多い現場。私が糖尿病予備群だって言っているのに、紺野は私の前で堂々とドーナツを食べるのよ」と紺野に矛先を変え、さらに「楽しい現場なのよ。一度遊びにいらっしゃいよ!」と報道陣まで巻き込んだ。

そして、橋田は「今作をもう一度書かせていただけると知って驚きましたし、嬉しかったです。仕事があると病気が出来ないので、月・水・金と個人トレーナーをつけて、その間に泳いでいます。体力がないと(構想が)出てこないので」と万全の体制で挑んでいる様子を明かし、ピン子を「だから88歳なのにこんな元気でいられるのね」感心させていた。

■火曜ドラマ『なるようになるさ。』
2014年4月22日スタート
毎週火曜22:00~22:54(TBS系列)
※初回は21:00から2時間スペシャル

【出演】舘ひろし、浅野温子/志田未来、安田章大(関ジャニ∞)、紺野まひる/南沢奈央、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)/渡辺美佐子/泉ピン子

関連リンク
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top