深田恭子、ほろ酔いの“殿”佐々木蔵之介と恋の予感?『超高速!参勤交代』

最新ニュース

佐々木蔵之介&深田恭子/『超高速!参勤交代』-(C) 2014「超高速!参勤交代」製作委員会
  • 佐々木蔵之介&深田恭子/『超高速!参勤交代』-(C) 2014「超高速!参勤交代」製作委員会
  • 佐々木蔵之介&深田恭子/『超高速!参勤交代』-(C) 2014「超高速!参勤交代」製作委員会
  • 『超高速!参勤交代』 -(C) 2014「超高速!参勤交代」製作委員会
  • 佐々木蔵之介&深田恭子/『超高速!参勤交代』-(C) 2014「超高速!参勤交代」製作委員会
  • 『超高速!参勤交代』佐々木蔵之介&深田恭子-(C) 2014「超高速!参勤交代」製作委員会
  • 『超高速!参勤交代』本ポスター -(C) 2014「超高速!参勤交代」製作委員会
佐々木蔵之介に伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、「Hey!Say!!JUMP」知念侑李、柄本時生など、豪華俳優陣が顔を揃えた『超高速!参勤交代』から、ヒロイン・深田恭子の劇中ビジュアルがいち早くシネマカフェに到着。無理難題の参勤交代を急がねばならない、佐々木さん演じる弱小藩主とすっかり打ち解けた様子で、恋の予感(?)も漂わせている。

わずか1万5千石の小藩・磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷藩は、藩の金山を我が物にしようとする老中・松平信祝(陣内孝則)の差し金で、無事終えたばかりの参勤交代を再度言い渡される。通常の参勤交代で8日はかかるところ、期日は4日。しかも、また莫大な費用が必要になる。

そこで、藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は、知恵者の家老・相馬兼嗣(西村雅彦)に命じ、4日間で無事、参勤交代を果たせる作戦を立て始める。それは、道中の人が見ているところでは渡り仲間を雇って大人数に見せ、人のいないところでは藩の少人数のみで、山中を近道して駆け抜けるという、何とも奇想天外な作戦だった――。

金も、時間も、人も不足している弱小貧乏藩主・政醇は、幕府からの理不尽なミッションに応えるべく、知恵と工夫で乗り切ろうとするが、山の中の先導役を買って出た“抜け忍”の雲隠段蔵(伊原剛)や、幕府がけしかけるならず者の刺客たちなど、ストレスだらけの旅の道連れは個性豊かなキャラばかり。

そんな珍道中に華を添えるのが、佐々木さん扮する政醇が参勤の道中で出会う、深田さん演じる“可愛すぎる”旅籠の飯盛り女・お咲だ。

一国の藩主とは知らず、普通の旅客と少しも変わりなく給仕するお咲の境遇を聞くうちに、政醇はお咲をこのまま放っておけなくなってしまう。だが、1秒たりとも時間を無駄にできない参勤交代のさなか、政醇はお咲をどうするつもりなのか…。

旅籠で働き、卑屈になっていたお咲の心が打ち解けていくと共に、少しずつ変化していく2人の関係と物語の展開が気になる今回の場面写真だが、無理難題の参勤交代に深田さん演じるお咲がどう関わっていくのか、ぜひ注目してみて。

『超高速!参勤交代』は6月21日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top