依頼人を魅了した、秋田を代表する日本画家の大作は果たして本物?『開運!なんでも鑑定団』

最新ニュース

4月22日(火)の『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系列)には、30数年前、経営していた料亭に飾っていた絵と交換した有名画家の大作がお目見え。以来、ずっと店に飾ってきたというが、果たして本物か? その他にも、ヴァイオリン制作の名工が作った幻のギターが登場する。

かつて、秋田県大館市で料亭を経営していた依頼人。お宝はその店の正面玄関に展示していたという秋田出身の有名画家の絵。元々そこには別の絵を飾っていたが、30数年前、あるお客さんからその絵を売ってほしいと頼まれた。それは父が大事にしていたものなので一度は断ったが、どうしても諦めきれないお客さんは「これと交換してくれないか」とこのお宝を持ってきた。すると依頼人は「衝撃的!」と一目で魅了されてしまい快諾した。料亭を閉めた今になって、本物かどうか気になってしょうがない、という依頼人だが、果たしてその鑑定結果は?

■『開運!なんでも鑑定団』
2014年4月22日(火)20:54~21:54(テレビ東京系列)

【司会】石坂浩二、今田耕司
【進行アシスタント】吉田真由子
【ゲスト】JOY
【出張リポーター】石田靖
【ナレーター】銀河万丈、冨永みーな
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top