「ザ・リバティーンズ」、復帰公演を敢行!?

最新ニュース

「ザ・リバティーンズ」-(C) Getty Images
  • 「ザ・リバティーンズ」-(C) Getty Images
  • 「ザ・リバティーンズ」ピート・ドハーティ―
「ザ・リバティーンズ」がロンドンのハイド・パークで再結成ギグを行う可能性をほのめかした。フロントマンのピート・ドハーティ―は「経済難」に悩まされていると言われており、1歳半になる娘がいたことが発覚して以来さらに増えていた借金を返済するために、7月に「リバティーンズ」のメンバー達と再結成することで巨額契約を手にすることを望んでいるようだ。

「musicharger.com」によれば、ピートはイスラエルの一紙に「こんなこと言っていいのか分からないけど、『ザ・リバティーンズ』は7月にハイド・パークで再結成公演を依頼されたんだ。昨日の話なんだけどね」「俺は『イエス』と言ったよ。でもいま考えてみるとそれって変な答えだったんだ。だっていつもは同じ質問をされたら『ノー』と答えるのに、最近カール(バラー)に電話しているのにつながらないからそんな答えになったんだよ」「ちょっと前にYouTubeで『ザ・リバティーンズ』の曲を聞いていたら、すごく懐かしい気分になったからやってみるかって気になったし、そんなところにその公演でいくら支払われるかなんて聞いたもんだから、正直言って『ノー』とは言えなかったね。少なくともいまの俺にとってはさ」と話したという。

さらにピートはそのインタビューの中で、自身の経済状況についても触れ、「知り合いのある若い女の子が俺との子どもを産んでたってことで、最近になって家庭裁判所に呼ばれたんだ。俺には1歳半の娘がいて、その子にかなりの額の扶養手当を支払わなくちゃいけないから借金を抱えているんだ。だから今そんないい話に『ノー』なんていうのは俺には複雑すぎるんだよ。俺は経済難を抱えているからね」と説明したようだ。

ピートのバンドメンバーはこのうわさについてまだコメントを出していないものの、同バンドはフェイスブックの公式ページにハイド・パークの写真を掲載し、フェスティバル出演の可能性をほのめかしている。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top