バカリズム、番組を通してモテ男を目指す!?『リアル脱出ゲーム』制作発表

最新ニュース

4月24日(木)24時3分より、新番組『リアル脱出ゲーム』がTBSにてスタート。22日に同局にて制作発表が行われ、主演のバカリズムをはじめ、津田寛治、木南晴夏、デビット伊東が出席した。

同番組は、TBSと同名の人気イベントを手がけるクイズ制作集団・SCRAPがタッグを組み、単発特番として過去4回放送された国民リアル参加型ドラマ。ドラマ内でバカリズム演じる“謎男”がリアルタイムで視聴者&キャストに出題する謎を、同時に進行するストーリーをヒントに、視聴者が番組特設サイトで解答するという新感覚ドラマショーだ。全10話の“連続ドラマ”になる予定だが、出題される謎は1話ごとに完結するという。

今回も数々の難問が目白押し。バカリズムは「僕の理想としては、正解率0%。ネットの書き込みで皆さんが悔しがっている姿を見ながらビフテキを食べるのが夢です」と、視聴者を挑発してみせ、「仕草やせりふなどに謎解きのヒントが隠されています」と明かした。

また、レギュラー化に伴い“謎男”のトレードマークである仮面をオーダーメイドしたというバカリズムは、「これまでは既製品だったので、鼻の位置が微妙にずれていたりしましたが(笑)、今回は顔の型まで取って作りました」と嬉しそうにコメント。自身の演技について「前回までは演じることで手一杯だったのですが、余裕が出てきたので今回からは格好付けています。アドリブでカメラ目線をしたり。モテようとしています!」とアピールするも、警視庁テロ対策本部の香山を演じる木南から「伝わらなかったよ(笑)」とツッコまれていた。

さらに撮影は、“謎男”の場面のみテロ対策本部を撮影する数日前に別撮りしているという。バカリズムは「僕の昼食は弁当やケータリングが多いんですが、先日番組の公式Twitterを覗いたら、テロ対策本部の面々がバーベキューをしている画像が掲載されていました。とても楽しそうな上、チーム感を感じました。寂しかったです(笑)」と嘆いてみせた。

24日からは、番組と日産がおくるキャンペーンとして“謎男”のテロ行為に対する体制強化の一環として、暗号解読に長けた優秀な人材を視聴者から1名募集するという企画を実施。番組と連動したサイト上で出題される過去最大級の難易度を誇る謎を突破した1名が、ドラマの第10話に捜査官として出演することができる。さらにその1名には、捜査車両として日産ノートが贈呈される。

この日は、フランス・カンヌで4月に開催された「第42回国際エミー賞」のデジタルプログラム部門に最終ノミネートされたことを記念し、メダルの授与式も同時開催された。

■『リアル脱出ゲームTV』
2014年4月24日スタート
毎週木曜23:53~24:38(TBS)
※初回は24:03~24:48

【出演】バカリズム/木南晴夏、岡田義徳、高橋努/デビット伊東、津田寛治

関連リンク




《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top