米倉涼子、世界一ファッショナブルでアウトサイダーな刑事役に挑戦!『アウトバーン』

最新ニュース

大人気連作小説「アウトバーン」「アウトクラッシュ」「アウトサイダー」(深町秋生著、幻冬舎文庫刊)の第1作「アウトバーン」を、この夏、フジテレビがスペシャルドラマ企画『アウトバーン~組織犯罪対策課 八神瑛子~』(仮)として放送することが決定。主人公で女性刑事の八神瑛子役を米倉涼子が演じることがわかった。

米倉が演じる八神は、組織犯罪対策課のいわゆるマル暴の女刑事。透き通った白い肌・モデル並みの体型・鼻梁が整い艶やかな唇を持ち、その武器をフル活用すべく、ドレス・ミニスカート・チャイナドレス・パンツスーツなどのファッションを着こなし、男からも女からもほれられる、いや、ほれさせる、人たらし女だ。おまけに武道に長けており恐ろしく強く、ハイヒールでも全速力で走れるという超ハイスペックな女性だ。しかし、マル暴ということで、裏社会と密接な関係にあり、その信頼関係を事件解決に活用するなど、警察組織内では完全なるアウトサイダーと見なされており、敵も味方も多い。「悪は許さない」「正義を貫く」「弱者を労わる」という信念の元、事件解決のためには一切、手段は選ばないという役どころだ。

本作への出演について米倉は、「“マル暴の刑事”という新キャラクターに挑戦するのですが、とにかくそれぞれのキャラクターが魅力的に描かれています。私も負けないようにC.S.B(Cool・Strong・Beauty)な八神瑛子を楽しみながら演じていきたいと思います!」と意気込みを語っている。

共演には、渡部篤郎、西田敏行、陣内孝則、斎藤工、戸田恵子、寺島進、青柳翔、西村雅彦、宮川一郎太など、超豪華メンバーが揃う。世界一ファッショナブルで世界一アウトサイダーな女刑事と、これらのメンバーがどのようなドラマを作り上げるのか期待がかかる。

■スペシャルドラマ企画『アウトバーン~組織犯罪対策課 八神瑛子~』(仮)
2014年夏放送予定(フジテレビ系列)
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top