【インタビュー】小澤征悦、ドラマ初主演への意気込み 「TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部」

最新ニュース

小澤征悦/「TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部」
  • 小澤征悦/「TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部」
ドラマ「TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部」で主演する小澤征悦さん。「相棒」「警視庁捜査一課9係」「遺留捜査」など、数々の刑事ドラマの名作を誕生させてきたテレビ朝日の水曜よる9時枠。ここで、独特の存在感を持つ俳優・小澤征悦さんが主役を務める刑事ドラマ「TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部」がスタートします。

本作はこれまで現場の刑事と対立する構図で描かれることの多かった管理官をヒーローに据えた社会派刑事ドラマ。小澤さんは熱い正義感を胸に秘めながらも冷静に捜査の指揮を執る怜悧な管理官・佐久晋吾を演じます。捜査本部を舞台に、佐久が事件解決にクールに取り組む姿と、時に感情をむき出しにする現場の捜査員たちや、目に見えぬ警視庁幹部の思惑と静かに戦う姿をドキュメンタリータッチで描く、新タイプの刑事ドラマです。

そこで今回、主演を務める小澤さんをゲストに迎え、演じる役についてはもちろん、民放テレビドラマ初主演となる本作への意気込みなどを語っていただきました。


<刑事ドラマの主演を演じることになって>

映画『相棒-劇場版II-』や、ドラマスペシャル「オリンピックの身代金」などで独特の個性を発揮してきた小澤さん。常に魅力的な“男を”演じ、強く印象づけてきた小澤さんが満を持して、民放の連続ドラマに初主演! そこで小澤さんに、刑事ドラマ『TEAM』で主役を担うことになった心境と、その主人公・佐久晋吾という人物像について伺いました。

――水よる9時枠が「相棒」から「TEAM」へバトンタッチされましたね。

実は、先ほど楽屋に、水谷(豊)さんがいらっしゃったのでご挨拶しに行って、「頑張りなよ!」と激励していただきました。


――今回演じる主人公・佐久晋吾はどんな人物ですか?

佐久晋吾は、一言で言うとダークヒーロー的な人物です。何を考えているのか分からない面もあり、周りからは疎まれたり、嫌われたりもするのですが、最終的には、彼の采配によって事件は解決します。ダークヒーローとはある意味、嫌われることが前提となりますが、嫌われながらも、どういう人間なのか、根底にある“人間力”のようなものが見えてき始めて、そのギャップが面白くなると思うんです。なので、この佐久晋吾という男の人間力をどのように表現していこうか、今まさに試行錯誤しているところですね。


――具体的な演技イメージはすでに出来ている?

今回の芝居は静と動で言えば、静の芝居ですね。頭で考えて、人に指示を出す。表面上はクールな管理官という設定ですが、その裏には、ものすごく熱いものを持っている男。その熱い部分が随所に出せれば、佐久という人間の深み、人間力が見えてくるのではないかと。そうできるように、私も頑張っていこうと思います。


――そういった人物像は、どのようにして作り上げていくのでしょうか?

共演者の方々と芝居がぶつかっていく中で作り上げられていくと思います。つまり、人間関係が決まることによって、その人のキャラクターや位置は決まってくるんですね。


――その人の位置というのは?

僕はよく“人は鏡”だと思います。例えば、こうして目の前の記者さんなど話している相手がいて、自分が映し出されていく。まさに鏡なんですよ。芝居もそういうもので、相手がいて作り上げられていくところがありますね。

■インタビューの続きはこちら(※テレビドガッチへ)
http://dogatch.jp/interview/604/02.html
《テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top