天海祐希&小栗旬が出演のドラマ『お家さん』今夜放送!日本経済史上に残る伝説の商社が舞台

最新ニュース

5月9日(金)21時から、読売テレビ開局55年記念ドラマ『お家さん』(読売テレビ・日本テレビ系)を放送。神戸の砂糖問屋「鈴木商店」を日本一の商社に成長させた女主人・鈴木よね(天海祐希)と大番頭・金子直吉(小栗旬)、ふたりの激動の人生を描くヒューマンドラマだ。

砂糖や樟脳などの生活必需品から、鉄鋼から船舶まで幅広い商品を扱い、取引相手は日本のみならず世界中に広がり、日本一の年商を誇って世界にその名を轟かせた巨大商社「鈴木商店」。明治、大正、昭和……。世界を見渡しても未だ女性の社会進出がなされていない時代にあって、世界各国にいる25000人もの社員のトップに立った「お家さん」と呼ばれた女主人・鈴木よね。強い絆と信頼で結ばれた番頭・金子直吉とともに、「鈴木商店」を日本経済史上まれに見るスピードで日本一の企業に成長を遂げさせたのである。そして直吉は、一生を彼女に捧げ、次々と新しい会社を立ち上げ、後に日本経済の怪物と呼ばれる事になる。

[ストーリー]「鈴木商店」に嫁いだ鈴木よねは、厳しい夫・岩治郎(生瀬勝久)と衝突しながらも、子どもを授かり商人の妻として順調な生活を送っていた。しかし、夫の急死からよねの人生は一転する。「お家さん」と呼ばれ、女主人として鈴木商店の頂点に立つことになる。彼女を支えたのは、奉公人の金子直吉。そんな中、直吉と恋仲になる女中・千(相武紗季)にはある秘密があり、よねを苦悩させる……。幾多の困難に直面しながら、よねと直吉はさらに信頼を深めていく。しかし米騒動に巻き込まれ、鈴木商店の本店が焼き討ちに遭ってしまう。果たして鈴木商店、ふたりの運命は!?  鈴木商店は、世のため人のため、日本国民の暮らしのためという信念を曲げずに商売を広げ、時の売り上げは16億円で日本のGNPの一割に達し、スエズ運河を運行する船の一割は鈴木の所有と言われた。時代が変転する中で不況の波を受け解散することになるが、よねと直吉の不屈の精神が記した経済史上の奇跡は、今も日本の近代史の中で輝きを放っている。

■読売テレビ開局55年記念ドラマ『お家さん』
2014年5月9日(金)21:00~23:24(読売テレビ・日本テレビ系)

【出演】天海祐希、小栗旬、生瀬勝久、相武紗季、梅沢富美男、黒川智花、伊東四朗(特別出演)、松重豊、大和田健介、西村雅彦、泉ピン子 ほか

関連リンク


《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top