インナーマッスル強化でかんたんダイエット!『主治医が見つかる診療所』

最新ニュース

毎週月曜20時から放送中の『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系列)は、スタジオに様々な専門分野の現役医師が集結し、医療・健康にまつわる情報をわかりやすく解説。「病気や怪我への不安を解消したい」という悩みを解決していく。5月12日(月)の放送では、インナーマッスルを鍛えることで、肥満や関節の痛みを解消し、若々しく健康な体を手に入れる方法を特集する。

インナーマッスルとは普段の生活ではなかなか使うことのない、体の奥にあるといわれる筋肉のこと。背骨周りにある大腰筋や腸腰筋といった筋肉を鍛えることで、関節の動きがサポートされ、姿勢を正しく保つことができるようになる。また、代謝があがって血流が改善されることから、自然に体調が良くなるという。群馬県藤岡市では、町ぐるみで高齢者への体操教室を実践。運動量は多くないものの、インナーマッスルを効果的に鍛えることで参加者からは「血圧が下がった」「膝と腰のコルセットが不要になった」などの効果を得たという証言が。また、インナーマッスルを鍛えると、なんと脳の活性化にもつながるという。そのメカニズムをスタジオで解説する。

また、かんたんに楽しくインナーマッスルを鍛えられる方法も多数紹介していく。フラダンスを取り入れた方法や、オリンピックメダリスト・葛西紀明選手のトレーニングコーチが薦めるトレーニング法などが登場。インナーマッスルを鍛えるために大切なポイントとは?

■『主治医が見つかる診療所』
2014年5月12日(月)20:00~21:00(テレビ東京系列)

【司会】草野仁、東野幸治
【アシスタント】森本智子(テレビ東京アナウンサー)
【ゲスト】西村和彦、藤田弓子、美保純(五十音順)
【番組主治医】秋津壽男(内科)、上山博康(脳神経外科)、丁宗鐵(漢方)、南雲吉則(乳腺外科・形成外科)、新見正則(外科・漢方)、姫野友美(心療内科)、武田淳也(整形外科)、原久美子(循環器内科)
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top