【MOVIEブログ】映画『カニバル』

最新ニュース

-(C) 『カニバル』
  • -(C) 『カニバル』
  • -(C) 『カニバル』
  • -(C) 『カニバル』
  • -(C) 『カニバル』
  • -(C) 『カニバル』
【カニバリズム】とは…人間が人間の肉を食べるという行為。

この世で最もセンセーショナルなタブーというべきこの題材は古くから、童話、絵画、小説、マンガ、映画などで扱われてきました。もちろん、カニバリズムなんて聞いたことない人もいるでしょう。もしくは言葉だけは知っていても、実際に何か作品などで触れたことが無い人も多いのでは。ただ、映画ではとても有名な作品があります。『羊たちの沈黙』『ハンニバル』でアンソニー・ホプキンスが演じたハンニバル・レクターは優雅で凶暴な人食い殺人鬼でした。強烈なカリスマ性を持ったこの悪役は世界中で非常に人気のキャラクター。マッツ・ミケルセンが演じた海外ドラマ版「ハンニバル」も話題となっています。

このカニバリズムをモチーフにした
映画『カニバル』が5月24日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町にて公開となります。 
公式サイト→http://www.cannibal-movie.com/

正直、シネマカフェ読者みなさまにオススメするべきか悩みましたが、非常に奥が深く、掘り出し物の1本になる作品なのでご紹介することにしました。このようなテーマですが、グロテスクな描写はほとんどありません。映画『カニバル』はラブストーリーなのです。

舞台はスペイン、グラナダ。仕立て屋を営む紳士的な男カルロス。
ただし、彼には誰にも言えない“殺人鬼”という、もう一つの顔は持っていた。。
悪魔のような男が、双子の美女と出会い、初めて“愛”を知る、、というストーリー。

女性を殺して、しかも食べてしまう!?という、とんでもない男の物語ですが、これは映画的な設定であり、普通の恋愛ができない男(屈折した愛情表現)や、上手くコミュニケーションがとれない男に置きかえて観ることもできます。極端に言ってしまうと、<好きな子をいじめてしまう小学生> がそのまま大人になってしまったような、、うーんこれはちょっと違うかもですが 笑

本作はスペインのアカデミー賞にあたるゴヤ賞に作品賞ほか8部門にもノミネートされました。ハッとさせられる美しいシーンの連続です。緊張感ある異様な長回しに息をのみます。シュールな笑いを生むユーモアもあります。台詞が少なく、映像で語るすばらしい演出を堪能できる作品です。

『カニバル』のテーマは、映画館でしか観ることができません。
ぜひスクリーンで、新たな世界を覗いてみてはいかがでしょうか。
《text:Shinpei Oguchi》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top